2015ラグビー日本代表に外国人が多すぎ!人気のイケメン外人選手は?


初戦で南アフリカを下したラグビーワールドカップの日本代表。

でも、改めてメンバーを見てみると「なんか外国人選手が多くない?」と思われた人もいるはず。

今回はラグビー日本代表選手の外国人選手枠とオススメのイケメン外国人選手ついて調べてみました。

ルールを知ればなるほど納得です。

では行ってみましょう。

2015ラグビー日本代表一覧

確かに外国人選手が多い気がするけど、実のところ何人ぐらいなんでしょうか?

まずは日本代表選手を一覧で確認してみましょう!

フォワード

稲垣啓太
畠山健介
三上正貴
山下裕史
木津武士
堀江翔太
湯原祐希
伊藤鐘史
大野均
トンプソンルーク
真壁伸弥
アイブスジャスティン
ツイヘンドリック
マイケル・ブロードハースト
ホラニ龍コリニアシ
アマナキ・レレィ・マフィ
リーチマイケル

 

バックス

田中史朗
日和佐篤
小野晃征
立川理道
廣瀬俊朗
クレイグ・ウィング
マレ・サウ
田村優
松島幸太朗
福岡堅樹
藤田慶和
カーン・ヘスケス
山田章仁
五郎丸歩

数えてみるとフォワードに7人、バックスに3人、計10人の外国人選手が代表入りしています。

代表メンバーは全員で30人なので1/3が外国人。

数で見てみてみ確かに多いですね。

外国人選手はそんなに簡単に日本代表入りできるものなのでしょうか?

 

関連記事
ラグビーW杯で日本が優勝するには?ワールドカップ日程とルールまとめ

外国人選手が日本代表入りするための規定は?

スポンサーリンク



もちろんラグビー日本代表入りするためには一定の基準をクリアしている必要があります。

誰でも入れるようじゃ日本代表というよりは、ただの「日本が集めたチーム」になってしまいますから。

ではラグビーの日本代表の規定はどうなっているのでしょうか?

 

それがこちら。

  • 出生地が日本
  • 両親、祖父母のうち一人が日本出身
  • 日本に3年以上継続して居住

 

なるほど。

日本代表入りの壁はそれほど高くないようですね。

 

出生地や親族については生まれもったものなので何ともできませんが、日本に3年以上住んでいればOKとなるとかなりハードルが下がります。

実際、日本にもラグビーのトップリーグがありますし、そこに在籍している選手であれば3年以上日本に住んでいる選手も多いでしょうからね。

では、注目の日本代表外国人選手を見てみましょう。

 

関連記事
五郎丸のあのキックポーズは誰の真似?キムヨナや陽岱鋼との意外な接点

 

バックスのイケメン外国人3選手

ラグビーのポジションはフォワードとバックスに大きく分けられますが、そのなかでもバックスの選手は細身の選手が多くて女性ファンからも人気があります。

そこで、今回はバックスで活躍するイケメンと呼び声の高い3選手をご紹介します。

クレイグ・ウィング

wing02_l

【引用:www.ntt.com

13人制ラグビーでもっともセクシーな選手と言われています。

チーム一番のイケメン外国人選手です。

 

 

マレ・サウ

BL0ol-JCUAEG0p2

【引用:pt.klear.com

ニュージーランド出身で両親はサモア人。家族を支えるために来日してラグビーで生計を立てる良きお父さん。

 

 

カーン・ヘスケス

IMG_9823

【引用:kiwibreeze.jp

奥様ののカーラ・ホヘパさんも、女子ラグビーNZ代表ので、2010年女子ラグビーワールドカップの優勝メンバーというラグビー夫婦。

 

まとめ

 

ラグビー日本代表には確かに外国人選手が多いですが、普段から日本のトップリーグで活躍している選手ばかりです。

 

生まれは違っても日本の代表としてがんばってくれる彼らの活躍で、日本の優勝を信じて応援しましょう!

 

がんばれ、ニッポン。

 

 

ではでは。

スポンサーリンク



コメントを残す




*