蔦屋家電で販売開始のバーミキュラで作るシェフのおすすめレシピ

おしゃれすぎる家電量販店として今でも注目されてる蔦屋家電。

そんな蔦屋家電が今回取り扱いを始めたのがバーミキュラのホーロー鍋です。

いつもの食材が格段においしくなるというバーミキュラですが、実際にバーミキュラを使ったレシピが公開されているのはご存知でしたか?

しかも、公開されているものには有名人気シェフによるレシピもあるんです。

今回はご飯のおとものおかずメニューからおすすめのレシピを3つピックアップしてみました。

では行ってみましょう。

グリーンピースと新玉ねぎの焼味噌コロッケ

野菜の甘みと、きびもち、あわのもちもちの食感をお楽しみください!
材料(4人分)

新玉ねぎ4個
塩小1/2
味噌40g
グリーンピース100g
パン粉100g

材料A
もちきび100g
あわ100g

材料B
小麦粉100g
水50g
作り方

1.味噌をオーブンまたはトースターでこんがり焼く。
2.鍋に玉ねぎ、塩を入れふたをして10分弱火で火にかける。
3.玉ねぎの水分が出たら、材料Aを入れ、上にグリーンピースをのせてさらに20分弱火で火にかける。
4.火を止めて10分蒸らす。
5.炊き上がったら、(1)を入れ軽く混ぜバットにうつして冷ます。
6.冷めたら、お好みの大きさに丸め、材料Bを表面にしっかりつけて、パン粉をつける。
7.170℃の油で色よく揚げて完成

バーミキュラを使ってもちきびとあわを炊くレシピです。
コロッケのタネを炊き上げるところから始めるので少し時間はかかりそうです。

ラタトゥユ

スポンサーリンク



野菜の甘みとトマトの酸味が楽しめます。温かくても、冷めてもおいしいですよ。付け合せやソースにも最適です。

材料
ズッキーニ1本
ナス2本
トマト2ケ
玉ねぎ1ケ
ブロッコリー0.5ケ
パプリカ2種各0.5ケ
ニンニク(みじん切り)1片
ベーコンブロック100g
塩適量
コショウ適量
白ワイン60cc
オリーブオイル適量
ローリエ1枚
タイム2枚

作り方
1.弱火でニンニクをオリーブオイルで炒め香り出す
2.1.が色づく前にベーコンを加え中火で炒める
3.中火のまま玉ねぎ・ズッキーニ・ナス・パプリカを順に入れる
4.白ワインとローリエを加えアルコールをとばしトマトを加える
5.フタをして弱火で5~6分軽く煮込む
6.ブロッコリー・タイムを入れて余熱で2~3分おいた後、塩コショウで味を付ける

我が家でもラタトゥユはよくやりますが、なんといっても簡単なのが良いですね。

ちなみに家のレシピでは、たまねぎ2個、ナス1~2本、トマトのホール1缶、とり胸肉1~2枚、にんにくスライスを全部まとめて煮込むだけ。これで3~4人前ぐらいでしょうか。
たまねぎとトマトの水分だけで十分なので水はいりません。シェフの野菜レシピと併せてお試し下さい!

ちなみにラタトゥユが正解なのか?、ラタトゥーユが正解なのか? いまだに分かりません。

ナスのカポナータ赤みそ仕立て

イタリアの郷土料理に、赤みそでコクをプラス
材料(4人分)
オクラ(1cmにカット)4本

材料A
オリーブオイル大3
ニンニク2片
ナス(一口大にカット)6本
ズッキーニ(一口大にカット)2本
玉ねぎ(一口大にカット)2個

材料B
トマト(1/4カット)6個
塩小1
赤みそ大1
バルサミコ酢20cc
松の実30g
レーズン30g
タカの爪(種はとる)1本
タイム2本

作り方
1.鍋にオリーブオイル、ニンニクを入れ、弱火で香りを出す。
2.材料Aを中火で軽く炒め、取り出す。
3.材料Bを鍋に全て入れ、フタをして15分弱火で加熱した後、フタを開けて水分が2/3になるまで煮詰める。
4.2.の材料とオクラを入れ、軽く煮込み完成。

こちらもラタトゥユと同じく材料を入れて煮込むだけなのでとっても簡単ですね。

まとめ

  • バーミキュラは炊くのにも煮込むのにも最適!!

P1080330

【引用:matome.naver.jp

今回見てみたレシピの他にも、簡単なものから、ちょっと手の込んだものまでシェフの直伝レシピが公開されています。

スポンサーリンク



毎日の献立に迷ったらクックパッドだけでなくこちらのバーミキュラのレシピも参考にしてみてはいかがでしょうか?

バーミキュラ公式 シェフ直伝レシピはこちら

ではでは。

コメントを残す




*