腰痛で歩けない程痛い人がやるべき事は?湿布かツボか?病院?整体?

つい先日の話です。30半ばのおっさんが生まれたての小鹿よろしく立てなくなるという事件が起きました。

その原因は??  極度の腰痛です。

この歳で歩くことができないような容態に追い込まれるとは思ってもいませんでした。

本当に辛かった腰痛ですが、ある方法で劇的に回復したんです!!
しかも即日。

ということで、今回は腰痛に悩むみなさんに正しい対処の方法を体験談でお話します。
ただし、私は医療関係者ではないので正確な治療方法などは専門医にしっかりと相談して下さい

それでは行ってみましょう。

腰痛になった理由

一言で腰痛と言っても原因は様々です。
ご年配のおじいちゃんおばあちゃんと、10代の若者ではその原因も異なりますよね。

より近い症状の人の参考になるように僕が腰痛で苦しんだ原因をお知らせします。

今までも”ぎっくり腰”は何度かやってきましたが、毎回ほかっておけば自然に治りました。

今回、腰を痛めた原因は子供と一緒にエアー水泳をしていたときの事です。
エアーというだけあって、陸上で平泳ぎのマネ事をしているときにそれは起こりました。

息継ぎの説明をしながら背中をのけぞったと同時に、背中から腰にかけて稲妻が走るような激痛を感じます。
あまりの激痛で立っているのも辛い状態で、とにかくその場でしゃがみこみました。。

しかし、この時の痛みはすぐに回復します。

本当の悲劇が起き始めたのはその2週間後・・・

すっかり消えていた背中の痛みでしたがある日の朝、背中がつっているような気持ち悪い感覚で目を覚ましました。
その痛みは2,3日もすると起き上がるのも一苦労なほどの激痛に変わっていきました。

「本気で・・・痛い・・・」

それでも仕事に行かないといけないので歯を食いしばって起床しては会社へ出勤します。

これが間違いの始まりと知るのは、この少し後の事でした。

さて、痛む体にムチ打って出勤した先では・・・
続きます。

湿布より効く!バファリンの絶大なる効果!

スポンサーリンク




腰痛は日本人の国民病とまで言われるほどのメジャーな病気です。

「今日は腰が痛いから休みます」とはなかなか通じないのが現状でかと思います。
自分もそんな日本人の一員なので、腰痛理由で簡単には会社は休めませんでした。

そこでまず考えたのが湿布
「湿布を張って痛みが治まれば、しばらくは湿布で乗り切って、痛みが治まってきたら止めればいいか」ぐらいに考えていました。
風呂上りに湿布を貼って、起床してから貼り替えてと1日2回の交換をしていましたが、貼った最初のうちはスースーするのが気持ちよいぐらいで、結局痛みはすぐにぶり返してきました。

湿布の効果は一時的なものなうえに、そこまで痛みを取り除いてくれません。
実際フェイタスのような効果の高い湿布の注意欄を読んでみると、数日使用しても改善しない場合は医者にかかるようにとの注記があります。
もちろん、軽度の腰痛であれば数日間、湿布を貼っていれば治るかもしれませんが、今回は”歩けない程の激痛”の場合のお話しなので。

湿布では太刀打ちできないので、次に試してみたのが”バファリン”です。
頭痛薬で知られるバファリンには腰痛の痛みを止める効果もあります。もちろん、バファリンの個装箱の症状一覧にちゃんと書いてあるので口からでまかせなどではありません。
バファリン以外でも痛み止めの薬なら、同様の効果をうたっているものがあるかもしれません。

さて、バファリンを飲んだ効果の程はというと・・・

痛みが治まる!!
若干の違和感こそ残りますが、通常の日常生活を送るのには何も問題がないぐらいに痛みが抑えられます!!

しかし、バファリンの服薬にはちょっと問題があります

それは、「痛みが引くので動けてしまう」という事です。
私も痛みが引くのを良い事に、朝の起床時さえ乗り越えれば、すぐさまバファリンを飲んではいつも通り仕事をする(デスクワークですが)生活に入ってしまいました。

日に日に薬が切れたときの痛みが大きくなるような気もしていましたが「以前のようにいつの間にか治るだろう」と自分をごまかしながら痛みと付き合っていました。

そんな生活を続けること1週間がたったとき、ついに腰が悲鳴をあげました。

末期症状 腰痛で立てなくなる

夜は寝ているものの、無意識に寝返りをうとうとした瞬間に激痛で目を覚ますので、最近は頭が思い毎日でした。

そして、その日も寝たのか寝てないのか分からないものの、いつものごとく腰の痛みで唸りながら目を覚ましました。
この時、すでに腰をまっすぐに起こすことはできない程悪化していました。
そのため、ベッドの端まで這っていき、体を横向きにして腕で体を斜めに押し上げながら起き上がるような状況でした。

朝食を取って身支度をしに洗面所まで向ったとき、ついに私の腰は完全に壊れてしまいました。
洗面台に両手を突いて立っていたのですが、それすらも保っていられない激痛に襲われ、もう立っていることができません。
うなりながら洗面所で横になり、痛みが引くのを待っていたのですが、30分経過しても一向に改善しないどころか、痛みはひどくなるばかり。

床を叩いて奥さんにバファリンを用意してもらい服用すると、30分程で這って移動できるようになりました。

このままではいつになっても良くならないと、本当に遅いのですがようやく気づきました。

さて、ではどこに言ったらよいのか?
腰痛といって思い起こすのは整形外科でした。

整形外科での治療とは?

さっそく地元の病院で整形外科を調べていたのですが、奥さんから意外なアドバイスをもらいました。
「整形外科に行っても治らないよ」

??
私の奥さんは医者でもなければ医療関係者でもないただの素人ですが、腰痛に関しては私よりも先輩でした。

腰が痛み出したときから奥さんが一環して言っていたことなんですが、それが「整形外科は骨に異常がないとなかなか治してくれない」という事です。
奥さんも数年前から腰や尾骨の痛みに悩まされていて、実際に色々と病院にもかかってきたのですが、
彼女の受けてきた整形外科の治療というのは、
・レントゲンをとる
・骨に異常がないかを診断する
・骨に異常がなければ湿布を処方する
というのがほとんどで根本解決にならない、との事でした。

確かに、今回の腰痛の原因を考えると外的な衝撃で骨に異常が出たとは考えににくかったので納得しました。実際は疲労骨折などもあるのと思うので一概には言えませんが。

結局、自分が腰を痛めた瞬間や、それから湿布を貼ったりバファリンを飲んでいることも知ってのうえで奥さんに言われたのが「整体へ行きなさい!」という指示でした。

私は生まれてこの方、整体というものには行ったことがありません。
触診だけで患者の状況を把握して、バキボキ引っ張ったり押したりで痛みが取れるというのがどうにも胡散臭く思えてしまうので。

他にもヤブや無免許などもたくさんいて、とにかく怪しいものだと考えていました。

しかし、今はこの痛みから解放して、自由に動く体に戻してくるのなら誰でも良かったので、整体に行ってみることしました。

凄腕整体師の驚異の治療!!

とはいっても整体をやっているとことは五万とあるので、どこが腕利きなのかが分かりません。
とりあえずネットで近所の整体を検索してみて目星をつけてみました。

そこを選んだ理由は”野球選手も施術を受けている”、”医者も施術を受けている”、”妊婦も施術を受けている”などの評判を見て決めました。

営業時間の9時を少し回ったところで電話が通じると「ちょうど今キャンセルが出たから、今から来れるなら来て下さい」との事。
後で知ったのですが、基本は予約制なので当日はなかなか入れないらしいです。運が良かった。

すぐさま奥さんの運転で来院して扉を開けると、一目で重症だと気づいていただき、簡単な問診を済ませてから早速施術に入りました。

最初は立った状態やベッドに座った状態でどれくら前にかがめるかのチェックをします。この時点で私の腰は前に動かすともう戻せないのではないか(痛すぎて)と思う状況です。

相当ひどいことを把握したあと、次は腰骨と背骨の触診を行います。
そして、「ここが歪んでるね」と言いながら骨盤に少し、ほんの少しだけ力を加えた状態で「前にかがんでみて」と言われます。
恐る恐る体を前に倒してみると・・・動くんです!

今まで痛くて痛くて動かせなかった腰だったのが、ほんの少し骨盤を動かしただけで痛みがグーンと減っていました!
あまりの効果に狐につままれているような気分になった私をよそに、先生は次々と骨のゆがみを修正していきます。

そのあとは体をゆらすというなんとも不思議な施術や全身のマッサージをしてもらい、1時間弱で終了しました。

施術が終了したとき、痛みで苦しんできた1週間、1時間前の歩けなかった自分は何だったのか?と思う程の改善が見られました。
なんと、普通に歩けるんです!!

整体には3日後にもう一度行ったのですが、そのときは先生も「良くなってるね」とおっしゃるぐらいの回復をしていました。
でも、痛めた部分が完治するのに3週間ぐらいはかかるから無理はしないようにとのお達しを受け、自分の意思で2回の施術で完了にさせていただきました。

今は奥さんが尾骨痛の治療でお世話になっています。
本当に運良く名整体師に出会えました。そして、初めての整体師の先生が名医だったので私の中での整体のイメージは180度転換しました。

これ程の腕を持った整体師がいるのかは分かりませんが、整体も保険適応としてもっともっと整体が一般的に広まればと思うようになりました。

ちなみにお金も気になると思うので書いておきますと、初回は¥6,000、2回目以降が¥5,000でした。
相場の価格と同じぐらいかと思いますが、私にとってはあの痛みから解放してくれるのであれば、こんなの安すぎると言っても良いぐらいです。
(とはいっても一般的な水準の家庭なので¥11,000は相当な出費ですよ)

まとめ

  • 軽い腰痛には湿布で対応
  • 腰痛の痛み止めにはバファリンが効く
  • 整形外科はレントゲンと湿布で治療
  • 整体は腕が良いと即日治る!!

今回の体験談はあくまで私個人の場合です。
整形外科でも治療方法は様々だと思いますし、整体より整形外科の方が早くしっかり治る人もいます。

ただ、私のように「整体ってちょっと・・・」と思っている人は、一度腕利きの整体師に見てもらうのも良いと思いますよ。

ではでは。

スポンサーリンク



コメントを残す




*