社会人におすすめの副業は?ネットビジネスのメリットとデメリット

どうも、カズです。

今回は30代サラリーマンの僕が副業としてネットビジネスを選んだ理由と、今までやってみて感じた良い所、悪いところなんかについて体験談を書いてみようと思います。

これからネットビジネスを始めようと思っているけど、何がおすすめか悩んでいるあなたの参考になればと。

社会人の副業にはネットビジネスがおすすめは嘘?

僕がネットビジネスを副業として選んだ理由はすごく単純です。

 

サラリーマンの人なら多分容易に思いつきそうだと思うけど、”会社にばれない”と思ったから。

 

自分の会社の就業規則には副業禁止的な項目は別になかったんだけど、それでもサラリーマンの暗黙の了解的な雰囲気を感じるんです。

副業はダメだよね、って。

 

 

実際、正月休みとかに超短期でアルバイトをしたことがある人もいたりするんだけど、その話を聞いたときも「会社には内緒ね」、というささやきが聞こえてきました。

 

最近は副業を奨励している会社もあるみたいだけど、そんなところはごくわずかで、やっぱりサラリーマンは副業禁止ってのが普通だと思う。

 

 

で、ホントのところ、副業でネットビジネスって稼げるのか?ってところを考えたうえで、おすすめできるかというと、僕の答えは「微妙」ってとこです。

 

 

よく、「ネットビジネスであなたも社蓄から開放されて自由な時間を~」的なサイトを見るんですが、自由な時間に自由な人生を手に入れるまでは、相当がんばって副業に取り組まないといけない。

 

それと、ネットビジネスは結果がでる、ようはお金が手元に入るまでに時間がかかるので、継続するのが本当に大変。

 

 

結果がでないから不安になって、「このやり方で合ってるのか? もしかしたらもっと良い方法があるんじゃないか?」とか思い始めちゃったら、あなたは立派なノウハウコレクター。

 

 

俗に”情弱”=情報弱者ってやつの仲間入りして、そんな人たちを狙い撃ちして稼ぎまくってる情報商材アフィリエイターのいいカモにされるのが落ち。

 

 

もし、あなたの会社が残業しても何も言われずズルズル残っていられるなら、そっちの方が手っ取り早くお金になることは間違いないです。

 

 

それは無理だけど、どうしても毎月の収入をあと1万増やしたい、って人には、休日に1、2日バイトすればそれくらいのお金にはなるんでそっちをおすすめしたい。

 

 

残業もしたくないし、バイトもしたくない・・・

でも、もうちょっとお小遣いが欲しい。

 

 

僕が、そんな甘い考えを持ったままネットビジネスを始めた人間なんだけど、本当に結果がでるまではしんどいしんどい。

 

これなら毎日のんび~り仕事して残業つけた方が絶対にお金になるわ、って思うんだけど、結構会社ではまじめにちゃっちゃと仕事片付けたい人なんです。面倒な性格だと我ながら思う。

 

 

それでもネットビジネスに取り組んでみたいという方は、僕の取り組んだことのある3つの副業ネットビジネスのメリットとデメリットについて、簡単にご紹介します。

 

 

アドセンスブログは初心者向けの簡単なネットビジネス

まず最初に取り組んだのが”アドセンスブログ”。

 

最近はやってる人も増えてきてるので聞いたことがある人も多くなっているかと。

 

 

どんなものかというと、自分でブログを運営して、そこに広告を貼り付けるだけ。

 

 

今アドセンスやっている人のほとんどが、Googleのアドセンス(広告)をやっていると思う。
でも、他にもアドセンス広告サービスを提供しているところは探せば出てきます。
例えば、NendっていうアドセンスサービスをGoogleと併用している人もいます。

 

 

ブログに張った広告をクリックしてくれれば、数円~多い場合は数百円が支払われるという仕組みです。

 

アドセンスブログのメリットは何と言っても簡単さです。

 

 

とはいっても、最初はレンタルサーバーを借りて、独自ドメインを取得して、ワードプレスっていうブログを運営するためのテンプレートというかソフトというか、それの初期設定をするところまでは、ネットビジネス初心者の人にはすごく難しく感じるかもしれません。

 

 

ただ、ここまで終わったら、あとはドンドン記事を書いていくだけというシンプルな作業のみになります。

 

 

 

続いて、アドセンスブログのデメリット

 

まずは結果が出るまでマジで時間がかかる
これは、ある程度検索上位に行けるようなキーワードで記事タイトルをつけるセンスが必要になるのと、自分のブログが成長するのに時間がかかるからです。

 

 

どうでしょう、50記事ぐらい書いても1日のアクセス数は2桁いかないとか言われても全然不思議じゃないかも。

 

ということは、毎日1記事を2カ月ぐらい書き続けても誰もアクセスしてくれない=報酬が出ないってこともありえます。

 

 

次に、アドセンスブログは報酬単価がメチャメチャ低いです。

 

先程も書きましたが、数円の場合もあります。1桁、ようは最大9円ってことね。

 

 

それなので、アクセスが集まるまでは全然報酬も増えずに、自分が書いている記事も誰にも読まれずに、本当に「あたしゃ何やってんのかね?」という思いが半端ないです。

 

ただ、いくつかバズる=爆発的にアクセスが集まる記事がそのうち出てくるようになります。

ちょびひげスコープでバズッた記事は下記になります。瞬間アクセスで4桁行った記事です。バズッたきっかけはまた別の記事で書きます。

 

下町ロケット記事がドラマ開始で瞬間アクセス4桁行ったのね。

 

 

そうすると、毎日のアクセス数も安定してきてある程度更新をしなくても勝手に収入を得られるようになります。

 

せどりは資金力が必要な肉体労働

次のネットビジネス、せどり。

せどりも認知度が高くて人気のあるネットビジネスです。

 

どんなビジネスかというと、ズバリ”転売”です。

 

安く買って高く売る。以上

 

 

以前はブックオフで中古本を買ってamazonで売るのが多かったのですが、最近はamazonさんが何でも売っているので、本に縛られずに何でも売れるようになってます。

 

 

副業をやる人にしたら、昔よりとても良い環境になっていますね。

 

 

では、せどりのメリットです。

 

よく言われているのは稼ぐまでに時間がかからない、という点です。

 

 

 

確かにそうです。。。

 

が、僕は初心者が稼げるようになるまでにかかる時間としては、アドセンスブログやSEOアフィリエイトをそれほど変わらないかな、と感じています。

 

 

なぜかというと、せどりは”安く買って高く売る”=”価格差のある商品を見つける”というのが重要になってくるのですが、最初のうちはこの価格差のある商品がなかなか見つかりません

 

 

そのため、1つの商品を転売したときの利益がとても少ない商品を扱ってしまうことがあります。

 

それどころか、最悪の場合、赤字になってしまった、なんてことも。

 

 

なんか、すでにデメリットを書いている気がするけど、本当にデメリットの部分がこの2点です。

 

・資金力が必要
・肉体労働

 

 

まず、資金力が必要のところですが、せどりは売れる商品を仕入れてナンボの世界です。

 

ということで、まず仕入れるのにお金がかかります

 

 

次に、仕入れた商品が売れるまでの間は、結局、自分の中では赤字状態なんですよね。

 

例えば、クレジットカードでガンガン仕入れてみたはいいけど、それが売れるまでに1ヶ月ぐらい時間がかかる商品だったら、その間に仕入れた分のカード請求分は自分の持ち出しで支払うことになります。

 

 

僕はこの持ち出し金額がサラリーマンの小遣いレベルをはるかに超えてしまうところが、とてもネックに感じました。

 

 

2つ目のデメリットの肉体労働という意味。

 

 

アドセンスブログやSEOアフィリエイトではネット上に自分のブログなりサイトなりをお作ってしまえば、あとはそこから継続的に収益が上がる可能性を秘めています。

 

 

これが”せどり”の場合となると、商品を1つ転売すると、1つのせどりが完結します。
この時点で収益は発生するのですが、次の収益を得ようと思ったら、新たに商品を仕入れて売る必要があります。

 

つまり、せどりはこの仕入れ&販売という実作業をずっと継続する必要があるんです。

 

僕は個人的にもうひとつデメリットというか、せどりでやりたくないことがあります。

 

 

それは、実店舗での買占めです。

 

 

せどりをやっていると、実店舗で利益を出せる商品が見つかれば、それを全部買い占めたりというのがノウハウとして言われていますが、これってどうなんだろう??と思っています。

 

 

お店によっては「バーコードリーダー禁止」(せどりではバーコードリーダーで商品の情報を調べるんです)とか、ワゴン商品に「お一人様○○個まで」とか書いてあるのを見ると、せどりで買占めされるのを嫌がっている店舗もちらほら見かけます。

 

何より、実店舗が安売りするのって、地元のお客さんに来てもらいたいからじゃないのかな??

 

 

確かに利益にはなるんだけど、なんだか後ろ指さされている気がしてきます。。。
僕がメンタル弱すぎのへなちょこだからかもしれませんが(´ρ`)

 

一番将来性があって稼げるのがSEOアフィリエイト

で、今僕が一番注力しているのがSEOアフィリエイト

 

俗に言うなら物販アフィリエイトなのかな。

自分のサイトやらブログやらで広告主さんの商品を紹介して、訪問してくれた人が商品を買ってくれたら報酬がもらえるって感じのビジネスモデル。

 

 

なんでSEOアフィリをがんばっているかというと、僕が真性のコミュ障だから。

 

もちろん、会社に行けば職場の仲間というか、同僚というか、先輩というか、まぁ、そんな人たちとそれなりにやってはいます。

 

 

でも、ネットビジネスをやる際に、不特定多数の見ず知らずの人と色々なコミュニケーションを取ることに、非常に苦痛を感じます。

 

もちろん会社でも

 

 

今、このブログでこんなことを言っている時点で矛盾しているかもしれませんが、ブログ運営をしていると、良くも悪くも色々なご意見を頂きます。

 

自分はそれに一喜一憂してしまうタイプなので、芸能のまとめ記事で

「適当なこと言ってんじゃねーぞ、ゴラ!!」

みたいなコメントをいただくと、かなりビビッてしまいます。

 

トレンドブログ、アドセンスブログのビジネスモデルはユーザー=購読者さまの反応が非常に大切になります。

 

ブログに来てくれ人は、おもしろさ、自分の興味があること、に魅力を感じてブログにアクセスしてくれるんです。

 

 

でも、SEOアフィリエイトの真骨頂は、何かを買おうか、どうしたら解決できるか・・・悩んでいる人の背中を、そっと押してあげるのが役割だったりします。

 

つまり、サイトやブログに来てくれた、何らかの悩みや知りたいことがある人の手助けをして、少し背中を押してあげるのが、役割なんです。

 

僕は、この人の役に立つってところと、双方向コミュニケーションは最悪無くてもなんとかなる、ってところが気に入っていてSEOアフィリエイトに精力しているんです。

 

まとめ

僕が一番勧めるネットビジネスはありません。

 

というのも、ネットビジネスはそれぞれの特性があるので、向き不向きがあると思うからです。

 

あえて、あえて一つあげるのならアドセンスブログとSEOアフィリエイトです!!・・・ あれ、2つか。

 

アドセンスブログは、あまり人様の迷惑にならないよう運営できる。

 

 

SEOアフィリエイトは、悩みがある人の助けになれる。

ってのが良いかと思ってます。

 

 

もちろん、せどりにもメリットがあって、それは価値の高いものを欲しい人に提供できることなのかもしれないけど、やっぱり、せどりをしている人により不利益を感じている人もそれなりにいるんだろうとか、、、感じてしまうんです。

 

あとは、あなたがどのビジネスモデルをやってみたいか、それだけだけですよ。

 

どれもお金は稼げるようになります。

 

 

これは悪いってやつはここで紹介した中には無いです。

 

 

 

あとは、

 

 

自分はどれをやってみたいか??

 

 

 

 

そう、自分がやってみたくて続けられそうなことが一番大事だと思う。

 

 

 

 

 

ということで、今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

コメントを残す




*