山本昌が引退後の仕事はラジコンショップ?クワガタ?それともコーチ?

レジェンド山本昌がついにユニフォームを脱ぐ決断を下しました。

ドラゴンズファンとしては今年は名手がぞくぞくと引退していくのが寂しくてたまらない年となっています。

今までドラゴンズ一筋でチームの為に尽力いただき感謝の言葉しか出てきません。

本当にありがとうございました。

今回は、山本昌の引退後のご活躍について予想してみました。

では行ってみましょう。

山本昌の引退後① コーチ

最初は誰もが考えてします、球団コーチとしての道です。

 

山本昌は1984年に日大藤沢高からドラフト5位で中日ドラゴンズに入団しています。

それから実に31年間のプロ野球人生を中日一筋で勤め上げられました。

PN2009091101001157.-.-.CI0003

【引用:nyaasokuvip.net

 

そうなってくると、引退後にコーチとして活動されるとしたら、やはりドラゴンズでの可能性が非常に高いはずです。

 

現在の中日ドラゴンズのピッチングコーチは友利結、近藤真市、佐藤秀樹、大塚晶文、小笠原孝と名手が揃っていますが、経験値で言うと山本昌に勝る人はいません。

 

もちろん、現役が長ければ良いというものではないと思いますが、山本昌が50歳まで現役でやってこれたのは、自分の体やメンタルのコントロールをしっかりとできたからこそ賜物です。

その知識と経験は、これからの若手を育成するのに大いに役立つことでしょう。

 

まずは2軍コーチとして指導者の経験値を積んで、それから1軍コーチ。

個人的にはそのときはミスタードラゴンズこと立浪監督ドラゴンズになっていたりしたら・・・と思うとわくわくします。

 

一方で、山本昌は中日しか知らないから他球団でコーチとして経験するのも良いのでは? という声もあります。

 

現に在籍していたチームとは違うチームでコーチをしている人もいますね。

ドラゴンズなら、森ヘッドコーチは現役では西武ライオンズ一筋ですし、チーフバッテリーコーチの達川は言わずと知れた広島カープ一筋の選手でした。

 

でも、コーチとして活躍されるのであれば、やっぱり現役時代に活躍したチームにいて欲しいと思ってしまいます。

 

さて、山本昌がコーチの道を選ばなかったら他はどんな引退後の道があるのか?

ちょっと考えてみました。

 

関連記事
和田一浩の引退セレモニーは9/24!生涯年俸と話題の入場曲を振り返える

山本昌の引退後② 個人ショップ経営

スポンサーリンク




中日ドラゴンズのファンでなくても、プロ野球ファンの間では結構知られている山本昌が熱中してしまう趣味をご存知ですか?

それが、ラジコンです。

 

すっかりラジコン好きが定着しているのでいつからのめりこんでいったのか調べてみたところ、1995年に膝を痛めてリハビリしている時期にフとラジコンショップに立ち寄ったのがキッカケのようです。

yamamotomasa

【引用:matome.naver.jp

 

その後は、チームメイトでこちらもラジコン好きの山崎武志と「山山杯」を10年間開催したことで知られています。

 

この「山山杯」はラジコンの世界チャンピオンまで参加する本格的なラジコンレース大会になっていました。

 

そして、山本昌のラジコン好きの逸話がもう1つ。

 

それは「ミワホビー」から販売されたYM34です。

ym34si_head

【引用:www.miwahobby.co.jp

 

これ、実は山本昌がラジコンメーカーと共同開発してラジコンを作っちゃったんです。

Yamamoto Masaのイニシャルに背番号の34で「YM34」

get_image

【引用:www.maniado.jp

 

これだけのラジコン愛を持った山本昌なので、引退後にはラジコンショップの経営をしてくれるかもしれません。

 

30年ぐらい前でしょうか。ミニ4駆が流行った時代はあちこちにあったタミヤショップも最近はめっきり見なくなりました。

山本昌のショップでラジコンやミニ4駆、プラモデルの人気再燃なんて楽しいな。

 

 

山本昌のもう1つの趣味もプロショップとしてやっていけそうです。

それが昆虫収集

 

山本昌は世界中の昆虫を集めていたことで有名なのですが、自分でもカブトムシやクワガタを捕まえに行くほどの昆虫好きです。

 

中日ドラゴンズの公式プロフィールでも趣味に”ラジコン、クワガタ飼育”と書いているほどです。

 

一時は野球に専念するために昆虫飼育をやめたと言われていますが、引退後は自分で昆虫収集、採取、販売をしながら昆虫専門店を経営なんていうのもあるかもしれません。

山本昌の引退後③ 企業へ就職

最後は一番可能性が低いと思われがちな企業就職です。

 

「スポーツ選手は引退後に一般企業には入りにくい」なんていうイメージがありますが、スポーツ用品店なんかでは引退した選手が就職しているケースもよくあります。

 

スポーツデポとか、アルペンなんかに行くと貼ってある野球教室の先生が、実は元プロ野球選手なんてことは多いです。

 

山本昌にあえる店があったら絶対お客さん増えるでしょう。

 

オススメ記事
ラグビーワールドカップで南アフリカに勝利のおもしろ例えツイート一覧

まとめ

  • 山本昌はラジコン好き
  • 山本昌は昆虫好き

レジェンドの引退はとても寂しいですが、これからの山本昌さんのご活躍を心より応援しています。

できればコーチになってドラゴンズを優勝へ導いていただきたいところですが。

強竜再燃!!

ではでは。

スポンサーリンク



コメントを残す




*