実写版公開間近!!進撃の巨人の豪華キャストにはあの人も?!


8月1日に前編が、9月19日に後編が公開されることになった大人気コミックの実写版映画「進撃の巨人」。

主人公やその仲間、人類の敵である巨人のキャストが話題です。また、映像の迫力もかなりものものと噂されていて公開が楽しみですね。

トレーラーも次々と届いているので最新版で先取りしちゃいましょう。

スポンサーリンク




 

原作コミックのあらすじをおさらい

どうやってあの巨人の世界観を演出するのか?

巨人役にあの人が出るって本当?!

何かと話題になっていますが、アニメ放送も深夜枠で見れていないし、原作もまだ読んでいないというあなたのために、簡単にあらすじをご紹介。

 

そこは巨人が全てを支配する世界。

そこでは人類は巨人の餌と化していた。

100年以上前に突然現れた巨人。

巨人からの侵略を防ぐために、人類は50mにも及ぶ城壁を築き、その壁の中での生活を余儀なくされていた。

巨人はどこから現れたのか? 

なぜ奴らは人間を食べるのか?

何もかもが謎のまま人類は巨人とから街を守る「憲兵団」と、城壁の外で巨人の生態を調査する「調査兵団」を組織して一時は平和な日々を手に入れた。

巨人の脅威を忘れかけていた、ある日、城壁はその壁の高さをも上回る”超大型巨人”によって破壊されてしまう。街には巨人が進行し、人々は巨人の餌食となっていく(文字通り食べられる)。

”超大型巨人”と”鋼の巨人”による進撃により、人類は三重に構えの城壁の一番外側にあたる通称”ウォールマリア”を放棄して二番目の城壁まで後退せざるを得なくなった。

この時に母親を捕食された主人公の”エレン”は巨人を「駆逐」することを心に誓い、訓練兵として兵団に入団する。

 

エレンが入団してから3年の月日が経過したある日、人類は再び”超大型巨人”の襲撃をうける。

訓練兵も駆り出されることになり、エレンと巨人の本当の戦いが始まる。

 

スポンサーリンク



やっぱり気になる巨人のキャスト

ストーリーを知らなかったあなたも簡単なあらすじが分かれば、映画の楽しみも何倍にもふくれあがります。

そうなると、気になってくるのはやはり噂の巨人役ですね。

ネットでは”和田アキ子”さんと”篠原信一”さんが巨人役として出演するのでは?! なんて

いう噂もありますが、実際にキャスティングされているという裏は取れませんでした。

でも、お二方とも巨人に似ているという声に応えて和田アキ子さんはアプリのCM、篠原さんは巨人に扮してスパワールドのイメージキャラクターとして仕事をされています。本物の巨人ははまりっぷりが半端ないです。

 

主人公のエレンには”三浦春馬”くん、エレンと共に戦う”ミサカ”役には水原希子さんが挑みます。

佐藤善宏プロデューサー曰く「原作のキャラに外見が似ているかは考慮に入れていない」らしいのですが、”石原さとみ”さんが演じるハンジは結構原作に近いと思います。

 

CGを駆使して巨人の世界を再現

人間の何倍にもなる巨人を描くにはCGの描写がキーになってきますが、トレーラーを見てもそのクオリティの高さに驚きます。

 

実写版進撃の巨人は前編が8/1、後編が9/19に公開予定です。

後編までのスパンが一ヶ月半と短いので、前編を見てから後編公開まで待つ時間が短いのも嬉しいですね。

スリリングな巨人との戦いがどうやって描かれるのか、前編後編共に今から公開が楽しみです。

コメントを残す




*