塩村文夏の過激な過去!水着グラビア画像や恋のから騒ぎでの問題発言


現役の議員さんでバラエティ番組に出演している人って珍しいですよね。

それが塩村文夏さん。

現役の東京都議会議員でありながらさんま御殿に出演されています。

それもこれも彼女のこれまでの経歴があるからこその話ですけど。

今回は塩村文夏の過去の芸能活動について調べてみました。えっ?芸能界にいたの?
そうなんですよ。

では行ってみましょう。

塩村文夏のプロフィール

まずは塩村文夏のプロフィールです。

生年月日:1978年7月6日
出生地:広島県福山市
出身校:共立女子短期大学
現職:東京都議会議員
所属政党:(みんなの党→)無所属

政治家としての活動
東京都議会議員 1期目
東京みんなの改革 代表
厚生委員会 副委員長(2013~)
動物愛護管理審議会 委員(2013~2014)
東京都議会東京多摩国体推進議員連盟

その他の活動
動物ボランティア(里親活動)
動物レスキュー(東日本大震災時・警戒区域制定直前一斉レスキュー)

資格 その他
英検2級
漢字能力検定2級
普通自動車免許
TOEIC スコア730
硬筆書写検定3級
Certificate Ⅳ in Hospitality(Supervision)
日本旅行作家協会 正会員

都議会でのセクハラ発言(「早く結婚した方がいいんじゃないか」「産めないのか?」ってやつです)にばかりが注目されがちですが、意外にも(といったら失礼ですね)厚生委員会の副委員長や動物愛護活動などでも幅広く活躍されています。

2001年にはオーストラリアへ留学していたこともあり、TOEICスコアも実用レベルです。そのとき、「Certificate Ⅳ in Hospitality」というものを学んだそうですが、この難しい英語は何かと言うとすごく簡単にいうとおもてなしのスキルのようです。

食品、飲料、宿泊サービスは、ホスピタリティ事業において不可欠な部分です。このコースでは、レストラン、バー、クラブ、カジノ、受付、ハウスキーピングなど、幅広いキャリアの選択肢を提供しています。 ホスピタリティ業界は非常に顧客指向です。そのため、あらゆる場面で効果的なコミュニケーションについても学習していきます。 CITは、地域のホテルやレストラン、またオーストラリアホテル協会、レストランケータリング協会、オーストラリアのTAFE観光ホスピタリティ教育協会など、主要な業界団体と緊密に連携しています。引用:http://tafe.world-avenue.co.jp/

現職が政治家ということなのでお堅いイメージになりがちな彼女ですが、実は以前は芸能活動をしていました。
次はその当時のことを見てみましょう。

塩村文夏の水着グラビア画像

スポンサーリンク



では、どんな芸能活動をしていたのかというと、なんとなんとグラビアアイドルです!!

1996年にスポーツメーカー「アルペン」のイメージガールとして準グランプリを受賞してからは、「ヤングジャンプ」や「ヤングマガジン」、「スコラ」などでグラビアアイドルとして活躍していました。

グラビアアイドルなので、もちろん水着写真もあります!

塩村文夏のドキっとする水着画像はこちら①
塩村文夏のドキっとする水着画像はこちら②
塩村文夏のドキっとする水着画像はこちら③
塩村文夏のドキっとする水着画像はこちら④

順調にグラビアアイドルとして活動を続けてきた塩村文夏ですが、2001年に突然芸能界を引退します。

それからどうしたのかというと、イギリスで語学留学、オーストラリアでホスピタリティマネジメントと勉学に励んでいたようです。
かなりのバイタリティですね。

それから数年後、またまた芸能界に復帰します。

きっかけとなるのがあの番組です。

恋のから騒ぎでの問題発言

塩村文夏が芸能界に復帰した番組が、『恋のから騒ぎ』です。

このときから塩村文夏はさんまさんに目をかけてもらっている感じがしますね。
から騒ぎがあったからこそ、いまでもさんま御殿などでさんまさんと共演できているのでしょう。

しかし・・・
恋のから騒ぎでは塩村文夏もなかなかの問題発言繰り返していました。
その一例がこちら。

・今まで付き合った人は慰謝料くれた
・(1番多くもらった慰謝料を聞かれ)1500万
・(嘘で)妊娠をしてしまったと、彼に言った
・他の人に、私は彼にこんな酷いことをされて泣いてるのよとアピールするために泣く

男性としてはかなり引いてしまう内容ですが・・・

グラドルとしてやっていけたぐらいなので男には困らないとは思いますが、付き合ってきた男性には同情してしまいます。
1500万払える人も相当すごいですけど。

そんなカミングアウトが功を奏してから騒ぎではMVPを獲得するのですが、あの番組はメンバーが次々と入れ替わっていくものだったので塩村文夏も卒業することになります。

関連記事
小林麻耶の肌年齢は?今後気になる糖化年齢と顔ヨガ予防

さて、では塩村文夏が次に挑戦したのは何でしょうか?

放送作家としての塩村文夏

なんと、今度は放送作家になってしまいます!

本当にすごい原動力を持った人で。

担当した番組も人気番組が多いです。
『シューイチ』
『寿命をのばすワザ百科』
『日テレジェニックの穴』
『アイドル☆リーグ!』
『きょうのわんこ』

きょうのわんこなんて超が付くほどの人気コーナーですよね。

グラドル⇒海外留学⇒芸能界復帰⇒放送作家。
「人間ってがんばればこんなことできるんだな」なんて感心してしまう程の経歴ですが、この後2013年にはみんなの党に入党して政界へ進出して今に至ります。

どうやら政界に興味を持ったのも放送作家時代に時事問題を担当したことがきっかけらしいのですが、それにしても華麗な転身術には驚かされてばかりです。

まとめ

  • 塩村文夏はグラビアアイドル!
  • 塩村文夏は海外留学生!
  • 塩村文夏は放送作家!
  • 塩村文夏は現役議員

007_c_528x528

【引用:matome.naver.jp

こうやって見てみると本当にバイタリティのすごさは改めて実感させられます。

都議会議員に動物愛護活動にときどきTVに出演に。本当に気が狂いそうな忙しさだと思いますが、それでも笑顔で活躍している姿はみているこちらの励みにもなりますね。

TV出演も若い人達が少しでも政治に興味を持つきっかけになったりするかもしれませんし、これからも精力的な活動を期待しています。

 

こちらの政治スキャンダルにも注目!
高木毅復興相が下着泥棒で窃盗したのに逮捕はなし?パンツ大臣の手口とは?

 

ではでは。

スポンサーリンク



コメントを残す




*