下町ロケットは実話?あらすじと佃製作所や帝国重工のモデル企業ネタバレ

TBSの日曜ドラマ「ナポレオンの村」もなかなか好評な中、次のドラマが発表されました。

10月からの新ドラマは「下町ロケット」です。

有名な小説が原作なので聞いたことはもちろん、読んだ事がある人も多いのではないでしょうか?

今回は日曜新ドラマ「下町ロケット」のあらすじのおさらい、出演者、そして劇中の企業について調べてみました。

では行ってみましょう。

原作者は池井戸潤

スポンサーリンク




今回のドラマ「下町ロケット」には原作があります。

ご存知の人も多いと思いますが、同名の小説「下町ロケット」が原作です。

そして原作の著者は池井戸潤先生です!
第145回直木三十五賞を受賞した池井戸潤の代表作です。

それにしても最近良く聞く名前ですよね。
ここのところヒットしたドラマを見てみるとかなり池井戸潤原作のものが多いです。

「オレたちバブル入行組」が原作の「半沢直樹」、同名原作「ルーズヴェルト・ゲーム」。今クールでは「花咲舞が黙ってない」に、後半になるにつれて視聴者からおもしろいと大評判になってきた「民王」。
これらのヒット作は全て池井戸潤原作です。

池井戸潤は企業ものの小説が多いイメージがありますね。
今回の「下町ロケット」も中小企業と大企業の戦いですし。

では、原作を読んだ人にも驚きのあらすじをご紹介していきますね。

下町ロケットのあらすじ

「下町ロケット」の原作をすでに読んでいる人には少々退屈かもしれませんが、ちょっとした秘密情報を入手したの後半をお楽しみにして下さい。

あらすじ
元宇宙科学開発機構の研究員で、現在は父親が遺した下町の工場で経営者として第二の人生を送っている佃航平(阿部寛)。年頃の娘・利菜(土屋太鳳)との仲は多少ギスギスしているものの、経営は順調で次第に業績を上げていく佃製作所。しかし、あきらめきれない自分の夢であるロケットエンジンの開発に力を入れすぎ、少しずつ業績は下降気味に。
ある日、大手取引先である京浜マシナリーから突然取引中止を宣告されてしまう。大口の取引先を失い資金繰りに窮した佃は運転資金を確保するため、経理部長の殿村とメインバンクである白水銀行へと向かうが、銀行からは実用の目処が立たない水素エンジンを継続して開発していくのであれば、新たに融資をするのは難しいと言われてしまう。メインバンクからの貸し渋りを受け、途方に暮れる佃たちであったが、そこに新たな問題が。なんとライバル企業のナカシマ工業から特許侵害で訴えられてしまったのだ。清廉潔白の佃製作所ではあるが、大手企業から訴えられるという事実により評判は地に堕ち、銀行からの融資も絶望的な状態に。佃製作所の技術が狙いであるナカシマ工業は姑息な法廷戦略で裁判を長引かせ、じわじわと体力を奪っていく。
そんな中、日本を代表する大企業・帝国重工から佃製作所の持つ特許を買い取りたいとの話が持ち上がる。その金額はなんと20億円。多額の負債を抱え、生きるか死ぬかの瀬戸際に立っている佃製作所にとっては是が非でも必要な金だが、その特許には佃の夢が詰まっていた。経営者として、多数の社員の生活を抱える社長として、佃の出す結論とは…?

一応、ここまでを読んでみると「あぁ、知ってる知ってる」という内容ですね。

今回のドラマ「下町ロケット」は全10話の予定です。

しかし、ここまでのあらすじは前半までのものなのです!!

???
それじゃ、後半はオリジナルストーリーでもやっちゃうのか?

と思ったらそれも大間違い。

実は、後半は続編が執筆されるんです!!
これってすごくないですか?

放送中のドラマの続きの原作が、ドラマ放送中にどんどん書かれていく作品なん今まで見たことがありません!

肝心の続編原作は10月から朝日新聞に掲載されます。もちろん著者は池井戸潤です。

10月に始まったドラマを見ながら、後編の原作も同時に読み進めていく!
これはなんとか朝日新聞購読者を捕まえて並行して読んでいきたいですね!

原作とドラマの違いもリアルタイムで楽しめる。なんとも面白い企画で今から楽しみです。

 

気になる続編、下町ロケット2はこちらからどうぞ。

下町ロケット2 ガウディ計画 [ 池井戸潤 ]

 

池井戸潤原作のドラマはこちらも大ヒットしました!
池井戸潤原作政治コメディ民王に仮面ライダーWのフィリップが挑む

主演は土屋太鳳と阿部寛

主人公の佃航平を演じるのは阿部寛

tutiyatao435

【引用:sigotonoarukikata.com

TBSのドラマで主演するのは2010年の日曜ドラマ「新参者」以来で5年ぶりとのこと。

振り返ってみるとそれ以降に主演したドラマは2011年の「幸福の黄色いハンカチ」に「ゴーイングマイホーム」ぐらいです。
いつもTVで見ている気がしていたのですが、意外と出演は控えめだったようで。

真面目なキャラとテルマエロマエのルシウス・モデストゥスのようなシュールなキャラを演じ分ける高い演技力で、悩める中小企業の社長を見事に表現してくれそうです。

そして阿部寛のである佃利菜役役は土屋太鳳です。
朝ドラが終わったと思ったら今度は日曜夜の顔。女優さんとしてはかなり理想的なステップアップです。

AS20150818004231_commL

【引用:www.asahi.com

土屋太鳳は「まれ」はもちろんですけど、映画「図書館戦争」や「orange」などを経験して演技の幅が広がったと言われています。

 

土屋太鳳は朝ドラで大人気でしたが・・・
土屋太鳳のドキッとする脚画像あり!でも太ったから嫌いの声も?

 

そして、キャストのなかで一番大ニュースがこの人でしょう!

帝国重工社長・藤間秀樹役に杉良太郎

超大御所の登場です!!

なんと、杉良太郎さんが出演される事が決まりました!!

main

【引用:www.cinematoday.jp

若い人は「誰??」と思うかもしれませんが、中高年層の奥様方からは「杉様」と呼ばれる超人気の歌手でもあり俳優でもあります。

杉良太郎といえば演技に対してとてもストイックで、その強すぎる姿勢の為にそりが合わない役者もいるとも言われています。

時代劇を中心に活躍していた杉良太郎も最近はTVで見ることはあまりありませんでしたが、今回、製作陣の熱い思いに応えるべく出演を決めたとの事。

本物の役者が本気で挑む姿は必見です!!

そんな杉良太郎が演じるのは帝国重工の社長、藤間秀樹です。
実はこの「下町ロケット」ですが、実話が基になっていて・・・という噂もあるのですが。

 

人気俳優が出演で話題の番組はこちら!
サイレーンの橘カラ役で菜々緒が性格最悪の悪女に!真犯人の動機とは?

モデル企業ネタバレ

そうなると、下町の中小企業の特許を超高額で買い取る話を持ちかけてくる大企業「帝国重工」のモチーフが気になりますね。

それに佃製作所や、ナカシマ工業に白水銀行。

重工なんてきくと住友や三菱、川崎あたりの旧財閥系企業が思い浮かびますね。

しかし・・・「下町ロケット」は完全なフィクションとのことで、モチーフとなる実在の企業は特に無いとのことです。

想像はいろいろ膨らみますけどね。
特に佃製作所みたいな中小企業なんかは私が勤めたことのある会社もどことなく近い雰囲気はあったと思います。

こんなネタバレには色々な意見もありますが・・・
新山千春がしくじり先生で主婦から嫌われた理由のコロッケ炎上ブログとは

まとめ

    • 今度の日曜ドラマは「下町ロケット」
    • 原作は大ヒット作家池井戸潤の代表作
    • 土屋太鳳、阿部寛主演
    • 大御所 杉良太郎が出演する!!

実は、もうひとつ「下町ロケット」には秘密があるんです。それは、監督が「半沢直樹」と同じく福澤克雄監督と言うことです!

原作、監督、役者がこれだけ揃っていてオモシロくないわけがないです!

 

後編の書籍も発売開始されてますます目が離せません!

 

下町ロケットはこんなキャストにも注目です!
下町ロケットは仮面ライダードライブの竹内涼真ら特撮俳優が多すぎ!

 

下町ロケットのあとはこれを見ちゃうんです。
エンジェルハートは原作の100tハンマーやもっこりにあのセリフも再現!

 

ではでは。

スポンサーリンク



2件のコメント

  • 帝国重工のモデルは石川島播磨重工業じゃないですか?
    石川島の現住所名は佃ですし。

  • ノープロブレム

    帝国重工は三菱重工しかないだろ
    佃製作所は中小企業だから似たような企業は腐るほどあるし
    実際同じようなことで成功した企業も腐るほどある
    ナカシマ工業は松下電器産業だな
    松下は真似下と言われエピソードの中のことと同じようなことをして大きくなった企業だからな
    東芝スポンサーって事で東芝としてはすっとするエピソードだろうな

    サヤマ製作所はダンピングと技術者のヘッドハンティングと其れで技術を盗むところとかまんま韓国企業w

コメントを残す




*