同学会と全学連のスト理由は?京都大学バリケード突破までまとめ

本日10/27に名門京都大学でストライキが発生した模様です。

事件が起きたのは吉田南1号館。

ストライキの主謀者となったのは「同学会」と「全学連」という団体だったとのこと。

当日のストライキ発生からバリケードが破壊して収束するまでをまとめました。

ストライキ発生場所と日時

京大でストライキが発生したのは10/27(火)朝のことです。

場所は吉田南1号館。

Kyoto_university_yoshidaminami

【引用:ja.wikipedia.org

 

吉田南1号館の地図がこちら

リンク先の地図で言うと80番のところになります。

 

棟に入る3つの入り口すべてにバリケードが設置された模様。

登校した学生のツイートを元に時間軸を見てみると9時前には封鎖から構内に入れない状況になっていた様子です。

ストライキの主謀者「同学会」とは

スポンサーリンク



同学会といの今回ストを結構した団体なのですが、実はこの団体は京大の生徒から構成される自治団体です。

 

こちらが同学会のサイトにある団体の説明です。

京都大学全学自治会同学会は、1946年に創立された日本で最も古い全員加盟制の学生自治会です。そこで議論された内容は近代の大学自治のあり方を作り上げていく際に、多大な影響を及ぼしました。しかしながら、80年代後期いに入ると、自治会活動も低迷の一途をたどり、同学会は長らく休止状態にありました。その間、同学会の伝統は次々と踏み破られ、一部の学生たちのサークルと化していたのが実情です。それに対し、歴史ある同学会=学生の利害を体現する自治会を甦らせるために、学生有志が活動を開始し、2012年6月に再建されたのが今の同学会です。
学生自治会は、一人では弱い立場にある学生が互いに議論し、団結することで、権力を持つ大学当局と対等に交渉し、大学運営に学生の思いを反映させていくことのできる組織です。したがって、その主要な役割は、①全ての京大生に議論する場を保障すること、そして②議論の一致に基づいて行動すること、の2点です。現在同学会では、クラス単位での討論と、同学会の運営について深く議論する「運営会議」を行うことで議論を保障し、行動方針を練り上げる体制を取っています。

引用:同学会HP

 

生徒が運営する団体であり、「大学と対等に交渉し、大学運営に学生の思いを反映させる」ことを目的としています。

素晴らしい組織だと思います。

 

続いて、ストライキについてのコメントを見てみました。

今回のストライキは35のクラスで賛同を巡る採決が行われて1クラスから賛同の決議が上がっている

引用:同学会HP

 

??

1クラスの賛同。

1/35でしか賛同を得られていないの?

 

続きます。

クラス賛同には至らないまでも、中執の決断に応え「ストライキをやる」という賛成票も集まり、その合計は60票を超えた。中執はこれらの決起に責任をとるためにも、10.27京大反戦ストライキを貫徹します。京大生はストに立ち上がり、キャンパス昼集会に集まろう!引用:同学会HP

 

なるほど。

60人の賛同を得られたということもあってストは決行されたんですね。

 

一応、京都大学の生徒数を調べてみたんですが、2015年の学生数は9216人。

 

内部の詳しい事情まで精通していないので、どれだけを対象にストの賛同採決が行われたのか分からないけど、この数字だけ見るとスト賛成は少数派だったのかもしれません。

でも、自分たちの意見を主張することができる若者がいるのは素晴らしいと思います

ストライキでの主張

同学会のストライキのメッセージはこちらをご覧下さい。

10.27反戦ストライキへの全ての京大生の参加を訴えます!メッセージ

コメントを要約してしまうのは彼らに対して失礼なのでリンク先の文言を読んでみて下さい。

 

僕が汲み取れたメッセージとしては「政権への反戦メッセージ」かと。

 

政治家への不審もありますから
高木毅復興相が下着泥棒で窃盗したのに逮捕はなし?パンツ大臣の手口とは?

当日の様子

ストライキを実施したことでメッセージを発信する「同学会」「全学連」を横目に困り果てている学生も多々いました。

そのほとんどが「レポートを提出できない」「授業に出れない」といった学生の本分が果たせずに困り果てている生徒です。

大学側でも授業の変更を余儀なくされて対応に奔走していたようです。

 

中にはお祭り気分でオタ芸を披露するものや仮面を用意した学生もいました。

 

11時過ぎには報道陣が詰め掛けます。

12時過ぎには火災報知機が作動する騒動もあったようですが、実際に火災が発生したわけではなかったようです。

誰かがボタンを押しただけなんでしょう。よかったよかった。

放火はイカンよ
ミュージシャン野田伊佐也のバンド曲の歌詞から放火予告と性格を考察!

ストライキ発生から3時間~4時間でしょうか。 12時半を過ぎた頃に、バリケードを破壊して突破する人がでてきます。

一度突破されたバリケードはあっという間に破壊されて撤去されたとのことです。

まとめ

 

  • 学生がストライキで自由に意見を言えるのは素晴らしい!
  • 参加しない学生への配慮もしっかりするべきなのが教訓

 

嵐のような京大のストライキですが、個人的には「こんな意見を持って活動ができる京大はさすがだな」と思いました。

 

中には京大生ではない学生がいたことに色々な意見もあるようですが、どこの学生でも構わないのではないかと。

 

もちろん賛成、反対色々な意見もあるかとは思いますが、あくまでストライキをやるだけの勇気もないチキンな僕の意見です。

 

 

ではでは。

スポンサーリンク



コメントを残す




*