又吉推薦の「紙の動物園」で夏休みの読書感想文を書けるのか?

「火花」が芥川賞を受賞して今では芸人といよりも大人気作家として知られるお笑い芸人ピースの又吉。
綾部との格差や印税がいくらか?といった話題を良く目にしますよね。

でも、それよりもっと話題になってきそうなのが彼が今読んでいて大絶賛している本の話題です!!
夏休みの宿題の代名詞、読書感想文の本を何にしようか困っているお子さんにもおススメらしいですが・・・
今回は又吉推薦の「紙の動物園」について調べてみました。

スポンサーリンク



数々の賞を受賞した異才中国系作家が放つSF

まずは「紙の動物園」の著者”ケン・リュウ”のプロフィーを簡単にご紹介します。
この作品は著者の背景も知ってから読むと物語をイメージしやすくなると思うので。

1976年中華人民共和国甘粛省生まれ。弁護士、プログラマーとしての顔も持つ。2002年、短篇“Carthaginian Rose”でデビュー。その後も精力的に短篇を発表し、2015年4月には初となる長篇The Grace of Kingsも刊行された。また、創作以外に、中国SFの英訳紹介もおこなっている。アメリカ、マサチューセッツ州在住
「BOOK著者紹介情報」

 

それと予備知識として受賞した賞について簡単にご説明します。

ヒューゴー賞:前年に発表されたSF・ファンタジー・ホラーを主な対象分野とする賞である。複数の部門があり、各受賞者は毎年の世界SF大会(ワールドコン)中に開催されるヒューゴー賞授賞式において発表される。
ネビュラ賞:アメリカSFファンタジー作家協会 (SFWA) が主催し、アメリカ合衆国内で前暦年に刊行された英語のSF(スペキュレイティブ・フィクション)/ファンタジー作品を対象に授与する文学賞。
世界幻想文学大賞:1975年に創設された、ファンタジー作品を対象としたアメリカ合衆国の文学賞。SFやホラーも視野に入れている。

いづれもSF分野の作品に贈られる名誉ある賞のようです。

スポンサーリンク



気になる「紙の動物園」のあらすじ

では、いよいよ気になるあらすじを見てみましょう。

ぼくの母さんは中国人だった。

母さんがクリスマス・ギフトの包装紙をつかって作ってくれる折り紙の虎や水牛は、みな命を吹きこまれて生き生きと動いていた……。

??

かなり簡潔ですが文庫紹介でもこれぐらいしか掲載されていないのです。

それもそのはず。
この「紙の動物園」は15編を収録した短編集なんです。
収録作品はこちら。

  • 紙の動物園
  • もののあはれ
  • 月へ
  • 結縄(けつじょう)
  • 太平洋横断海底トンネル小史
  • 潮汐
  • 選抜宇宙種族の本づくり習性
  • 心智五行
  • どこかまったく別な場所でトナカイの大群が
  • 円弧(アーク)
  • 1ビットのエラー
  • 愛のアルゴリズム
  • 文字占い師
  • 良い狩りを

タイトルだけでは内容まで分かりずらいので、読者のレビューを見てみましょう。

様々な時間(遠い未来、過去の中国、中華民国、第二次大戦中の日本)等を舞台としている。けれども、一貫して描かれているのは人との繋がりや、親の子どもへの愛情など。ホロリと哀しくなるような話が多い気がした

 

全体的にウェットな作風。ハードSFの対極とでもいうのだろうが、技術や設定にはあまりこだわりを見せず、SF的シチュエーションやガジェットを使いながら、気持ちにぐっとくる作品~全体を通してみると、すごくいい話もあれば、首をかしげたくなるものもまざっているので、★4つといった感想。

 

それでもその訴える力は強く、十分良作なのだけれど、なんというか、非常によくできた秀作を読んでいる印象で、さほどの高い評価に値しないかなと思いながら半分くらいの作品を読んだのですが…いや、後半の作品はどれも面白かった。前半の作品より人間感情にセンチメンタルな要素が少なく、中国系・アジア系という出自もうまくテーマに溶け込ませているようで、ぐっと感心できるようになったのです。

 

期待通りの面白さでした。SFだけど、心にしっかり響くというか、素敵です。

 

表題作は、この本を手にしてから連夜読み返している。そして読み終えるたびに、なんだか目頭が熱くなる。主人公は私自身にも、高校生の息子にも重なる

読者の感想は上々のようです。「気持ちにぐっとくる」「目頭が熱くなった」といった心に響く感想もあるので、夏休みの読書感想文の題材としてもおススメできます。
内容を考えると小学校なら高学年以上がいいでしょう。
短編集とはいっても400頁近いボリュームがあるので全て読むのは結構時間がかかりそうです。
ただ、短編なのでつまみ食いして書けば読書感想文が苦手な子でも取り組める本かしれません。

最初の「紙の動物園」であれば30頁そこそこです。

(ただ、本当はそんなことしてせずに全部読んで欲しいですけど・・・)

まとめ

  • 「紙の動物園」は数々の賞を受賞した名作
  • 15編が収録された短編集
  • 夏休みの読書感想文にもおすすめ

ただ、困ったことに人気がですぎて増版が追いついていないんです。

ネット大手のAmazonや楽天でも欠品中で取り寄せに1~4週間以上かかっています。

Kindleを持っている方から電子Bookで購入できますが、持っていない方にオススメなのが、お近くの書店や古本屋です。実店舗では以外とネットで欠品中の本も見つかったりしますので、一度足を運んで見られてはいかがでしょうか?

僕も探しに行って来るので。

追記:増刷体制が整って供給も追い付いてきました!
今ならネット通販でもすぐに購入できます。

 

ではでは。

 

コメントを残す




*