初心者でも名古屋場所から大相撲を楽しむための基礎知識

前記事の続きです。相撲人気が加速している今だから、相撲を楽しんでみませんか?

 

これだけ人気が出てきている今ならNHKの中継じゃもったいない。

両国以外でも開催されてるんだし、せっかくなら行ける所に行ってみたいものです。

でも、まだ相撲が良く変わらないあなたのために、簡単に、本当に超簡単に基礎知識をまとめました。

スポンサーリンク



相撲の開催時期 と場所

  • 初場所(一月)    両国国技館
  • 春場所(三月)    大阪府立体育会館
  • 夏場所(五月)    両国国技館
  • 名古屋場所(七月)  愛知県体育館
  • 秋場所(九月)    両国国技館
  • 九州場所(十一月)  福岡国際センター

どうでしょう? 東京、大阪、名古屋、福岡と主要都市で毎年開催されているので、これなら何とか足を運べそうではないでしょうか?

 

すごく簡単に番付を理解する

番付って良く聞きますが詳しくは分からない人も多いはず。そんな良く分からない番付について、本当に簡単に解説。

まずは、グループ分け。

上位から、

  • 幕内
  • 十両
  • 幕下
  • 三段目
  • 序二段
  • 序の口

の6つに分かれます。「上のほうが強い」でOKです。

その中で関取と言われるのが”幕内”と”十両”です。それ以下は”取的”と呼ばれます。本場所で15日間フル出場するのが関取です。野球で言うなら一軍と二軍みたいなものでしょうか。

 

次は前記事の遠藤のところで書いた前頭についてご説明。

まず、前頭は幕内力士の区分のひとつです。

さっき書いたように幕内は6グループの最上位グループでしたね。

幕内はさらに細分化されていて、

  • 横綱
  • 大関
  • 関脇
  • 小結
  • 前頭

に分られます。ここまでくるとどれも聞き覚えのあるものばかりですね。

ちなみに大関と関脇と小結のことを三役と呼んだりします。

 

そしてこちらも前記事の逸ノ城のところで出てきた”○○枚目”について。

何枚目とは、前頭以下のランクを細分化するための区分けです。それ以上のランク、つまり横綱、大関、関脇、小結までは順位付けされていませんが、前頭以降は何枚目かでランキングされています。12枚目の遠藤は、前頭の中で12番目ということです。

 

ちなみにこれらのランキングは東と西でそれぞれ別れています。

東と西の分け方は今まで何度も変更されていますが、今では”部屋別総当り制”が取られてます。

部屋別総当り制というのは、同じ部屋同士の力士でも対戦する方式です。すごく簡単に考えるなら、同じ部屋でも皆ライバルといった感じですかね。

スポンサーリンク




 

1場所の期間

1場所は15日間です。基本的に初日は日曜日になります。今では第二日曜日が初日です。

これも良く聞く「中日(なかび)」というのが8日目になります。

15日目の最終日は言わずと知れた「千秋楽」ですね。初日が第二日曜日なので、千秋楽は第四日曜日になります。

 

観覧席の種類と価格

観覧席には”溜席”と”桝席”と”椅子席”があります。

溜席は本当に土俵を囲む席です。注意書きに”土俵競技者(力士等)の転落によす傷害の可能性があります”とあるぐらい、土俵から近い席です。

溜席の外側に用意されるのが桝席です。桝席はいろいろ席が用意されています。なかには特典グッズがセットになった席や、貴乃花親方と記念撮影ができるなどのプレミア席も用意されたりします。

椅子席は桝席よりさらに外側にあります。指定以外にも当日券の自由席があるので、思い立ったときに観戦に行くこともできます。

価格は土俵からの近さの通りで、溜席>桝席>椅子席ですが、一番安い椅子の自由席であれば¥3000ぐらいで購入できます。溜席でも¥15000ぐらいで購入できます。高いイメージがあるのは、良席+お弁当+お土産がセットになっていたりするもので、意外とリーズナブルな価格で観覧できちゃうんです。

 

日本の国技でもある相撲。

ちょっとした相撲の基礎が分かったところで、次は実際に観覧してみませんか?

生で見る力士の本気のぶつかりあいはTVで見るのとは別次元の迫力ですよ。

コメントを残す




*