佐藤健と小松菜奈のキスシーンは?バクマンのネタバレあらすじと原作


大人気コミックの映画化作品が最近は大人気ですが、そんな中大本命の作品がこちら。

週刊少年ジャンプ原作の映画「バクマン

主演に人気の若手イケメン俳優が起用されていることでも注目されていますね。

今回は、映画「バクマン」の主演、佐藤健とヒロイン小松菜奈の熱愛の行方について調べてみました。

さてさて、この2人は見事ゴールインできるのか? そして結末のキスシーンは!?

では行ってみましょう。

バクマンでのあらすじ

まずは原作コミック「バクマン」のあらすじを復習してみましょう。

index.iapp

【引用:news.mynavi.jp

 

舞台は埼玉県谷草市。中学3年生の真城最高(サイコー)は高い画力がありながらも将来に夢を持たず、ただ流されて普通に生きていくだけの退屈な日々を送っていた。サイコーの叔父はかつて週刊少年ジャンプに連載し、その作品がアニメ化もされた漫画家・川口たろうで、連載打ち切り後の過労によって亡くなった過去があった。
ある日サイコーは些細な出来事を切っ掛けに、秀才のクラスメイトで作家志望の高木秋人(シュージン)に「俺と組んで漫画家にならないか」と誘われる。初めはその誘いを断っていたが、声優を目指している片思いのクラスメイト・亜豆美保と「アニメ化したら結婚する、それまで互いに直接会わない」と約束した事から漫画家への道を志す事になる。
サイコーは祖父から叔父が使用していた仕事場を譲り受け、シュージンと共にそこに籠って処女作の執筆に専念する。そんな中で手塚賞に準入選した新妻エイジが同年代である事を知りライバル視する。やがて二人三脚で苦労しながらも完成した初作品をジャンプ編集部に持ち込んだ二人は敏腕編集者・服部哲と出会い、漫画家としての資質を認められる。
そしてジャンプの主流ではない“邪道”の作風という方向性を見出し、「亜城木夢叶」のペンネームで活動する事になった二人の漫画が『赤マルジャンプ』へ掲載された。その後も自分達の方向性に迷いながらも、エイジとの邂逅・コンビ解散の危機を経て、ジャンプでの連載を勝ち取った二人は、様々な苦境に見舞われながらもジャンプの連載作家としての道のりを歩んでいく。

 

実際の週刊少年ジャンプで、ジャンプに掲載されようと四苦八苦する新人漫画家の成長ストーリーを描く。

文字だけで読んでいると意味が分からなくなってくるストーリー背景ですが、漫画家を描いた漫画です。

 

しかし、今までここまで漫画家のことを詳しく書いた漫画はなかったと思います。

 

そんなストーリーを、「デスノート」の作者でもある、原作=大場つぐみ、作画=小畑健のコンビで描くいた「バクマン」は画力もストーリーも絶品です。

E38390E382AFE3839EE383B3

【引用:laughy.jp

 

正直なところ、今回の記事は映画バクマンについて書いているのですが、原作コミックは映画を見る前に是非読んでいただきたいです!!

 

もちろん、映画を見てからでも良いのですが、原作があまりにも良い作品なので、事前に読んでバクマンの世界を見たうえで映画を見ることを個人的にはおすすめします。

佐藤健と小松菜奈の役は?

スポンサーリンク



あらすじが分かったとなると、気になってくるのは映画のキャストですね。

 

バクマンの主人公はあらすじでお分かりの通り2人います。

 

ひとりはサイコーこと真城最高。

 

そして、もうひとりがシュージンこと高木秋人。

 

主人公が2人いるのですが、本当の主人公と言えるのはサイコーの方です。

8790596

【引用:prcm.jp

 

バクマンの見所は色々ありますが、少年ジャンプ掲載作品で欠かせない恋愛ストーリーも、もちろん含まれています。

そして、そのラブストーリーのほうで主人公になっているのがサイコーの方です。

 

 

あらすじを思い出してもらうと分かると思うのですが、そもそもサイコーとシュージンがコンビを組んで漫画を書き始めるキッカケはヒロインの亜豆美保と「アニメ化したら結婚する」とサイコーが約束した事から始まります。

 

果たしてサイコーと亜豆美保はどうなるのか・・・?

 

 

気になりますね。これもバクマンの楽しみのひとつです。

 

では映画の中でサイコーと亜豆美保はキャストは誰なんでしょうか?

それがこちら。

 

・真城最高:佐藤健

091745382

【引用:yarukigenki.net
・亜豆美保:小松菜奈

picture

【引用:locari.jp

 

佐藤健は言わずと知れた人気若手俳優なので説明不要かと思いますが、お相手の小松菜奈は知らない人もいるかもしれません。

 

小松菜奈はモデル活動をメインにしている若手女優ですが、今回の「バクマン」の出演が自身最高の出世作になりそうです。

 

 

劇中はもちろんですが、バクマン出演が決まってから「ヒロイン役のあの女優は誰?」とネット上でも噂になった小松菜奈なので、佐藤健ファンの中では佐藤健と小松菜奈の熱愛が不安視されていました。

 

でも、佐藤健と小松菜奈の恋愛関係は映画の中だけのことようで、実際は交際に発展したりはしていないようです

 

そもそも佐藤健にはこの人がいますからね
みんな!エスパーだよ!の真野恵里菜!かわいい動画と水着脚画像まとめ

 

ネタバレ原作ラスト

最後に「バクマン」のラストを。

原作を知らないで映画を見に行く人で、ネタバレが嫌な人はここで戻ってください

 

 

バクマンは連作開始当時の2008年からストーリーがスタートしますが、完結時の作中の時代は2018年になります。

 

つまり、サイコーと亜豆美保が出会ってから10年の歳月が過ぎています。

 

その頃にはサイコーとシュージンのコンビは「亜城木夢叶」というペンネームの漫画家として大成功しています。

というか、進行形が正しいかな。

大成功して行っています。

 

 

そして、サイコーと結婚の約束をした亜豆美保はというと、人気声優として活躍するようになっていました。

 

そんな中、「亜城木夢叶」はアニメ化を想定した『REVERSI』を書き上げ実際にアニメ化が決定します。

 

そのヒロインの声優はオーディションで選ばれる事になるのですが、亜豆はサイコーとの仲を知られてひどいバッシングを受けます。

 

それでもサイコーとの約束を果たすべく、亜豆はサイコーとの仲を打ち明けた上でオーディションに臨み、見事ヒロインの座を射止めます。

 

 

本当の最後ネタバレ

サイコーは亜豆にプロポーズしてハッピーエンド

 

 

映画でもこのストーリーはかなり忠実に再現されるとのことですが・・・

でも、キスシーンがあるかまで明らかになっていませんが、エンドロールに秘密があるとのことなので、もしかしたらそこで・・・!?

 

原作コミックがあると、原作ファンからの失望の声が出ることも多いですが、映画バクマンについてはキャストと原作キャラのイメージが近いことや原作に忠実なストーリーという口コミもあって、どちらかというと指示派の声が多いように感じられます。

まとめ

  • 映画バクマンは10月3日公開
  • 佐藤健&神木隆之介W主演
  • 漫画のバトル描写が熱い!!

 

2015年はコミック原作の邦画の当たり年です!

 

進撃の巨人には色々な声もありますが、こちらのバクマンは公開前からとても好評価で期待度も高い作品になっています。

 

関連記事
進撃の巨人の豪華キャストにはあの人も?!

 

ジャンプで育った世代なら見るしかないっしょ!!

 

ではでは。

スポンサーリンク



コメントを残す




*