入手困難な大ヒット商品バルミューダのザ・トースターの購入方法


毎朝パン食の人はもちろん、平日の朝食はご飯だけど週末はパンという人も、できればおいしくいただきたい。当たり前ですよね。

でも、家でトースターや電子レンジのオーブンを使って焼いたトーストと、お店で食べるトーストってなんか違うと思ったこと、ありませんか?

 

今日、発見したのはそんなあなたの願いをかなえるその名も”The Toaster(ザ・トースター)”。

今、じわじわと人気を集めている注目のトースターです。と言うことで、この”ザ・トースター”の人気の秘密を調べてみました。

知り合いが作ったキーワードプランナー・リサーチツールを使用してもいいと許可をいただいたので、良かったらキーワード選定の際に使ってみてください。
http://tools.unifas.net/kp_c/

月間検索件数を設定できます。デフォルトは1000件。
広告競合が低いものから昇順で表示されます。
背景が黄色いのは、Googleのキーワードプランナーで言うところの競合性:低という意味です。
『広告の競合の多寡』が0.32以下が競合『低』です。

お宝キーワード探しや関連キーワード探しに使ってみてください。

スポンサーリンク



おいしいトーストってどんなトースト??

あなたがおいしいトーストといって思い浮かぶイメージってどんな感じですか?

食レポとかで聞く言い方をするなら、「外はカリカリ、中はふわっと」みたいなイメージではないでしょうか?

家でもそんなおいしいトーストを食べたいですが、これがなかなか難しいですよね。

カリッとさせようとしたら、時間が長すぎたり出力が強すぎたりで焦げ焦げになっちゃったり、ふんわりさせようと思って短めにしてみたら、耳もふにゃふにゃであんまりだったり・・・。

”ザ・トースター”には、家でもおいしいトーストに仕上げる為の2つの秘密が隠されています。

あまりにおいしく焼けるとの評判で、6月に発売されたばかりのなのにすでに品切れ状態。

 

カリッふわっの秘密

おいしく焼き上げる1つ目の秘密は水。

ザ・トースターのにはスチームオーブンのように水を入れる注ぎ口がついています。

早速水を入れて電源を入れると、トースター内部はたちまち水蒸気で充満して、中が見えなくなってしまうほどです。

この水蒸気がパンを包み込んでくれるので、普通のトースターでは焼いたときに飛んでしまうパンの中の水分を閉じ込めてくれるんです。

そのため、トーストをしても中は”ふんわり”の食感を残せるのです。

知り合いが作ったキーワードプランナー・リサーチツールを使用してもいいと許可をいただいたので、良かったらキーワード選定の際に使ってみてください。
http://tools.unifas.net/kp_c/

月間検索件数を設定できます。デフォルトは1000件。
広告競合が低いものから昇順で表示されます。
背景が黄色いのは、Googleのキーワードプランナーで言うところの競合性:低という意味です。
『広告の競合の多寡』が0.32以下が競合『低』です。

お宝キーワード探しや関連キーワード探しに使ってみてください。

スポンサーリンク




2つ目の秘密は、自動温度調節機能。

バルミューダによると、パンをおいしく焼くのに大切な温度帯が3つあり、そろぞれ60度、160度、220度らしいのですが、なんとその温度をトースターが自分で制御して焼き上げてくれるんです。

普通のトースターでは出力と時間を調整するしかできないのが常識ですよね。

ザ・トースターがトーストしているところを見てみると、確かに温度が調節されているのが分かります。

こんな機能がついているからこそ、おいしいトーストが焼けるんですね

 

 

品切れの”ザ・トースター”はどこで買えるの??

品切れ続出の、超注目商品だけあってどこも品切れ状態です。

最近はメディアで取り上げられることも増えたので、ますます人気が加速しそうです。

そんな”ザ・トースター”は以外とどこでも販売されています(欠品しているので予約になりますが)。

  • バルミューダーの公式HPのオンラインストア
  • dinos
  • 楽天市場

意外にも通販大手のdinosと楽天で取り扱いがありますし、一ヵ月後ぐらいなら予約も受け付けているので入手はそれほど難しくなさそうです。

 

高機能だけあってちょっと高めのお値段

入手ができるならさっそく購入。といきたいところですが、注意点がひとつ。

それはお値段です。

普通のトースターなら安いものなら2000円ぐらいからありますが、ザ・トースターの実勢価格は一桁違って約22000ぐらいからです。

なかなかいいお値段ですすよね。

でも、それだけ出せば毎日のトースト生活が劇的に変わるだけの価値があります。

 

 

 

今年大ヒットを予感させる注目のトースター”The Toaster”。

トースターの新しいジャンルとして、これから普及していきそうです。

コメントを残す




*