京都大作戦の参加アーティストは毎年注目アーティストぞろい

ちょっと前に夏フェスのススメ記事を書きましたが、今年どうしても行きたかったけどチケットがとれなかった無念のフェスについてです。

追記:終演後に主催の10-FEETからコメントがありました。

スポンサーリンク



定番となってきた京都大作戦

とはいっても、まだフジロック、サマソニよりは知名度が低いかもしれないけど、第一回が2007年で今年で8回目にもなるで、そろそろ定番のフェスとして認知されていると言っていいと思います。

10-FEETが活動10周年の節目で何かできないかということで始めたのがきっかけですが、その一回目が台風で中止になるというハプニングに見舞われたこともファンの間では有名な話。

開催場所は京都府立山城総合運動公園。最寄り駅はJR宇治駅ですが、近くの駅からシャトルバスも運行されるのでアクセスは良いです。ただし、自家用車はNG。

ごみの出ないフェスを目指していて、イベント終了後にはファンが進んでごみ拾いをしたりと、クリーンなフェスとしても評判です。

ステージは源氏ノ舞台(メインステージ)と牛若ノ舞台(サブステージ)の2ステージでライブが進行してゆきます。

 

なんといっても豪華な出演アーティスト

幻の第一回の出演予定者は、主催者の10-FEETの他、ELLEGARDEN、GO!GO!7188、湘南乃風、チャットモンチー、つじあやの、Dragon Ash、MONGOL800 などのライブで盛り上がる人気アーティストが名を連ねていました。

その後の開催では、ケツメイシ、サンボマスター、怒髪天、東京スカパラダイスオーケストラ、フラワーカンパニーズ、MINMI、マキシマム ザ ホルモン、RHYMESTER、くるり、らが参加しています。

ジャンルも結構幅ひろいのですが、パンクロック系が好きな人は特に好きなアーティストが多いのではないでしょうか?

スポンサーリンク



ハイスタの系譜

その中でも注目なのは、過去に出演した”難波章浩”と、今年も出演予定の”Ken Yokoyama”です。

お気づきでしょうか? インディースで伝説的な人気を誇ったあの”Hi-STANDARD”のベースボーカルの難波章浩とギターの横山健です。

もともと主催の10-FEETがハイスタのファンだったことから、彼らもこの京都大作戦に参加しているのです。(僕が行きたかった一番のお目当てが”Ken Yokoyama ”です)。

 

今年の注目アーティストは

結局行けないので書いていてむなしくなってくるのですが、「来年こそチケット取ってやる!!」とう意気込みのためにも、今年の注目アーティストを、その中でも今年初参戦してくれるアーティストにフォーカスしてご紹介。

  • BRAHMAN
  • 〔Alexandros〕
  • MAN WITH A MISSION
  • ユニコーン

過去出演アーティストが好きな人なら、みんな好きなアーティストがこぞって出演してくれています。ちょっと前に改名したばかりでシリア育ちのボーカル川上を要する〔Alexandros〕もかっこいいですよね。これからブレイクの予感大の注目アーティストです。

 

フェスはいろんなところでいろんなアーティストが出演しているので、自分が好きなアーティストが出演するフェスに行って一緒に盛り上がりたいですね。

そのためには、まず参加資格のチケットが必須。

くぅ~、やっぱち悔しい。来年は絶対にチケット取ってやる!!!

今年、京都大作戦に参加する人は僕の分まで盛り上がってきてくださいね。

コメントを残す




*