今年こそデビューしたい夏フェス!!初心者の服装や注意点まとめ

6月も明日で終わり。来月もそこそこで梅雨が明ければ、いよいよ今年も夏がやってきます。

そして、夏といえば音楽好きにはたまらない一大イベント、”夏フェス”が全国各地で開催されますね。

超王道のフジロックや、今では都市型フェスの代名詞にもなっているサマソニが有名ですが、本当に日本全国いたるところで開催されているので、まずは近場のフェスに参加してみるのもいいですね。

スポンサーリンク



そもそも夏フェスってどんなイベントなの??

毎年フェスを楽しんでいる人もたくさんいますが、「興味はあるんだけど、実際一回も行った事がない」という人も結構いるんじゃないですか?

そもそも、夏フェスってどんなイベントなんだろう?

特に定義もないだろうけどあえて説明するなら、”(主に)夏に開催される野外音楽ライブ”ですかね。

屋外でやる開放感はもちろん、いろいろなアーティストが参加していたり、ステージが複数あったり、長い時間ライブを楽しめたりと、いつものライブやコンサートとは違った楽しみがあるのが魅力ですよね。

最近はフェスに行く人も増えているし、年齢層も広がってきているらしいから昔よりは気軽に行けるようになってきています。

 

スポンサーリンク



初めてフェスに行く初心者の注意点

「それなら一回行ってみようかな?」という気になってきたところで、次に気になるのは持ち物や服装ですよね?

ネットで調べると「夏フェス 服装」とかでいろいろ出てきますが、”フジロックで3日間全力で参加して燃え尽きてやる”という人でなければ、そんなに気負う必要もないです。

Tシャツにパンツ、スニーカー、汗拭きタオルが1枚あればOK。

他にあるといいのは帽子。基本、外にずっといるので暑さ対策はしたほうがいいです。熱中症でダウンなんてなったら、せっかくのフェスが台無しですから。

そうそう、日焼け止めは必須です。これやらないと次の日が大変なことになります。

他には会場内で動きやすいように、ザックとか肩掛けなんかの身に着けれる装備があるとGood。

 

本気を出す人向けの持ち物

「せっかくフェスに行くんだから、初めてでもフジロックで3日間がっつり楽しみたい!!」という人は、もう少し装備も充実させたいですね。

会場に車で乗り付けてオートキャンプという人は思う存分詰め込めばいんですが、みんながみんな車で行くわけではないので、かさばり過ぎない程度で持って行きたいグッズがこちら。

  • ちゃんとした雨具(必須)
  • 防寒具(必須)
  • 長靴(意外ですが必須)
  • ポケットティシュ&ウエットテュッシュ(あると便利)
  • 虫除け&虫刺され薬
  • 絆創膏と普段飲む薬

一日で帰るときより体調管理に気をつけないといけないので、その辺を重点的に持ち物を選びたいですね。

 

 

何はともあれ、屋外でみんなで一緒に弾けれて最高に楽しい夏フェス。

今年こそあなたもデビューしてみませんか??

コメントを残す




*