五郎丸のあのキックポーズは誰の真似?キムヨナや陽岱鋼との意外な接点


日本代表が優勝候補の一角である南アフリカに勝利したことで注目のラグビーワールドカップ。

そのなかでも一際存在感を放っているのがフルバックの五郎丸歩選手。

実は五郎丸選手はキックのときにやる不思議なポーズも話題になっているんです。

今回は五郎丸選手のキックポーズの意味と、同じポーズをするアスリートについて調べてみました。

では行ってみましょう。

五郎丸選手のキックポーズとは

早速話題になっている五郎丸選手のポーズを見てみましょう。

363672_615

【引用:hot-fashion.click

・・・

かんちょう・・・??

 

安心して下さい!
違います!!

wiki_thumb

【引用:entitiesgraph.com

 

 

どうやらこのポーズは五郎丸選手が精神統一するために行っている”ルーティン”という行為らしいです。

このルーティンの一連の動作で、下半身の力を抜く動作があるのですが、それがこの写真のポーズなんです。

 

こうやって一連の動作で精神統一するのはスポーツ選手では珍しいことではありません。

 

例えば、イチロー選手の場合はバットを突き出してユニフォームのすそを軽くひっぱりますよね?

zone19s-2-web

【引用:matome.naver.jp

 

他にもスケートの羽生選手も、演技前に祈るようなポーズをとりますね。

E7BEBDE7949FE7B590E5BCA6E381AEE58D81E5AD97E381AFE382ADE383AAE382B9E38388E69599E381AEE382AFE383AAE382B9E38381E383A3E383B3

【引用:karekanondo.blog.so-net.ne.jp

 

 

一流のアスリートにもなると、自分で自分の集中力をコントロールできるようになるんでしょうけど、これらのポーズはその為に取り入れられているんですね。

 

関連記事
24時間テレビであばれる君に羽生結弦ドン引き?放送事故レベルにおもしろくない!?

五郎丸選手のキックポーズはあの人を参考にしている?

スポンサーリンク



 

しかし!

五郎丸選手のこのポーズは、実は彼が尊敬しているある選手のポーズを参考にしているのでは?という声もあります。

その選手がジョニーウィルキンソン

ジョニーウィルキンソンはイングランドの超人気ラグビー選手です。

2014年に引退しているので今回のワールドカップには出場していませんが、歴代最多のワールドカップ通算249得点という記録を作ったスター選手でした。

そのジョニーウィルキンソンのキック前のポーズが五郎丸選手とそっくりとのことなんですが・・・

 

 

 

その写真がこちら。

1242533

【引用:shetlandislands.blog.so-net.ne.jp

 

たしかにそっくりですね。

 

やっぱり五郎丸選手はすくなからずジョニーウィルキンソンの影響を受けているのは間違いないでしょうね。

ラグビーワールドカップについて詳しく知らない人向けにこんな記事もあるのでよろしければご覧下さい。
ラグビーW杯で日本が優勝するには?ワールドカップ日程とルールまとめ

 

キムヨナや陽岱鋼との以外な接点

 

ここからは少し話が脱線するのですが、実はあのポーズを取り入れているというアスリートが他にもいるとのネタを仕入れたので調べてみました。

 

その1人が、キム・ヨナ。

言わずと知れた韓国のトップフィギュアスケート選手ですよね。

そのキム・ヨナも例のポーズをしているとか・・・??

 

 

 

その写真がこちら。

Kim_Yu-Na_1584713i

【引用:matome.naver.jp

 

・・・

これは・・・

 

「ピストルでバンッ!」

みたいなポーズですからちょっと違いますね。

 

 

もう1人、例のポーズをするアスリートがいるらしいのですが、それが日本ハムの陽岱鋼(よう だいかん)。

なんでもチームメイトと一緒に例のポーズをするとか・・・

 

 

 

その写真がこちら。

81cece48-s

【引用:blog.livedoor.jp

 

ただのカンチョーやないか!!

 

 

以上です。

まとめ

 

  • 五郎丸選のポーズは精神統一をしていた
  • イチローや羽生選手も決まったポーズで精神統一をしている
  • 陽岱鋼はかんちょう好き

 

五郎丸選手はじめラグビー日本代表チームには是非とも決勝トーナメントに進出して優勝してもらいたいですね!

 

五郎丸選手のキックシーンを見たら「精神統一中だ」と思って見てみましょう。

 

 

決して陽岱鋼とは一緒にしないように!!

 

ではでは。

スポンサーリンク



コメントを残す




*