マギーを盗撮した犯人のその後は?現行犯逮捕された場合の刑法での罪名

先日、タレントのマギーさんが飛行機の中で盗撮されたいうツイートがありました。

芸能人とはいえ、マナーは勝手に写真を取られるのは気分のいいものではないです。

さて、ではマギーさんを盗撮した犯人は、その後どうなったのでしょうか?

今回は盗撮犯はその後どうなるのかについて調べてみました。

盗撮の定義

まずは”盗撮”とは?から調べてみます。

今では全国民がカメラマンと言ってもよいぐらいスマホや携帯電話などのカメラを搭載した機器が出回っています。
自撮り棒が大流行したのを見ても分かるように、どこもかしこもパシャパシャと写真を撮る人で溢れ帰っています。

正直、これだけの一般人カメラマンがうれば、どこかで知らないうちに写真に収められていても全然不思議ではありませんね。

では、どこからが”盗撮”になるのでしょうか?

答えは、「正確な線引きはありません」です。

なぜかと言うと、そもそも”盗撮”という行為が刑法の罪として定められていないからです。

現行の憲法が制定されたときは、今のようにどこでもカメラやビデオで盗撮することなんか考えられていなかったのかもしれませんね。
もしくは、昔は今よりモラルがあったとか・・・(実際は昔も今も素行の悪い人はいると思いますけど)

では、盗撮されても泣き寝入りするしかないのでしょうか?

さすがにそんな事はありません。

盗撮の量刑

スポンサーリンク




刑法で”盗撮”について定められていないとなると、盗撮犯はどのように裁かれるのでしょうか?

答えは「様々な別の犯罪として裁かれる」です。

例えば
・裸の女性を盗撮=軽犯罪法
・盗撮した写真やビデオの公表=わいせつ物陳列罪
などです。残念ながらその時々により刑の重さもまちまちです。

法律意外では条例違反として裁かれることもあります。
俗に言う「迷惑防止条例違反」というものです。

ただ、迷惑防止条例は各都道府県により処罰が異なってきます。

首都圏域での処罰がこちらになります。

【1都3県の迷惑行為防止条例】
・東京都
「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例」
痴漢 6月以下の懲役又は50万円以下の罰金
盗撮 1年以下の懲役又は100万円以下の罰金

・神奈川県
「神奈川県迷惑行為防止条例」
痴漢・盗撮 1年以下の懲役又は100万円以下の罰金

・千葉県
「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例」
痴漢・盗撮 6月以下の懲役又は50万円以下の罰金

・埼玉県
「埼玉県迷惑行為防止条例」
痴漢・盗撮 6月以下の懲役又は50万円以下の罰金

盗撮の場合では6ヶ月or1年以下の懲役又は50万or100万以下の罰金刑になります。

逮捕の可能性は?

では、どうすれば盗撮犯を捕まえることができるのでしょうか?

これは現行犯以外の方法は、ほぼありません。

理由は案外簡単なのですが、実証以外の証拠で立件するのが非常に難しいからです。

とある弁護士質問サイトでは、盗撮犯と間違われた人間が「後から警察が調べることはありますか?」と質問していますが、弁護士の回答は「盗撮は証拠が隠滅されてしまうため、改めて警察が調べる可能性は低いでしょう」と回答しています。
この質問は質問者が冤罪を恐れてしたものでしたが、盗撮犯についても同じことが言そうです。

つまり、現行犯でない限りは事後に逮捕される可能性が低いということです。

しかし、最近は防犯カメラの設置台数も急増していますので、もしかしたらビデオに盗撮の証拠が納められていたら事後逮捕できる件数も増えてくることが来たいできるかもしれないですね。

盗撮犯は前科がつくのか?

答えは、もちろんYESです。

盗撮は犯罪です。

実刑判決が出た場合はもちろんですし、罰金刑、執行猶予のいづれにおいても前科有りとなります。

前科有りとなった犯罪者には、就職時であれば履歴書に前科がある旨を記載する必要がありますし、結婚時にも相手に申告するべきですし、海外へ行く際のビザ申請時にも申告が必要よなったりと、社会生活を送るにあたって様々な場面で前科有りという事実が付きまとうことになります。

まとめ

  • 盗撮は軽犯罪法として裁かれます
  • 盗撮は迷惑防止条例違反として裁かれます
  • 盗撮は前科のつく犯罪です

マギーさんのツイートやその後の発言では、実際は移動中というオフのときに撮影されたことを盗撮と表現したように見えます。

でも、これも1つ間違えれば、例えばトイレのドアが少し開いていて、そこを撮影していたとかであればれっきとした犯罪です。

何より芸能人とか関係なしにトイレから出てきたところを写真にとるっていうのは人としていかがなものかと思いますが。

例えファンだとしても、人として最低限のマナーは守りましょう。

では。

スポンサーリンク



コメントを残す




*