ヒロイン失格の我妻三輪子の主演映画「恋に至る病」のドキドキ動画


映画「ヒロイン失格」が大ヒットで一躍注目されている女優さんんと言えば我妻三輪子。

おせじにも良い役とは言えない安達を好演していますが、実は過去に彼女が主演した映画が結構ドキドキものということで再注目されているんです。

今回は、我妻三輪子主演映画「恋に至る病」について調べてみました。

びっくりするぐらい「ヒロイン失格」とは別の我妻三輪子が見れますよ。

では行ってみましょう。

「恋に至る病」とは

今回ご紹介する「恋に至る病」は冒頭でも書いたように過去の上映作品です。

 

公開されたのは2012年10月。

劇場で見た人は覚えているかもしれませんが、聞いたことない人も多いかと。

 

我妻三輪子が演じる主人公ツブラは、対人恐怖症の生物教師マドカに夢中の女子高生。

いつもマドカのことをスケッチしていて、「いつかマドカと1つに交じり合いたい」と願っています。

そして「好きな人とずっと一緒にいたい」という想いから、「お互いの性器を交換すれば離れ離れになかずに済む」という意味の変わらない理由から先生と関係を持ちます。

すると、ツブラの願いが叶って、はれてお互いの性器が交換される・・・

 

 

正直、かなりぶっ飛んだ設定です。

「恋に至る病」予告動画

スポンサーリンク



予告動画とは言っても劇場での公開は終わってしまっていますが。

 

予告動画はこちらからご覧下さい

 

予告動画の中でも結構過激なシーンがありますが、主題歌アーバンギャルドのポップなサウンドがそれを和らげていてなんとも不思議な世界観の映画になっています。

「恋に至る病」のキャスト

我妻三輪子が恋するマドカ役は斉藤陽一郎さんが演じていますが、実は今人気の俳優さんも出演しています。

 

それが、ツブラの幼馴染役を演じた染谷将太です。

 

染谷将太は大ヒット公開中の映画「バクマン」でも主人公のライバル役”新妻エイジ”役がはまり過ぎてると言われていますね。

 

映画バクマンについてはこちらをどうぞ
佐藤健が小松菜奈とキス熱愛?バクマンのネタバレあらすじと原作比較

 

そして、今年の元旦に菊地凛子と結婚したことも記憶に新しいですね。

演技派で知られる映画俳優夫婦の今後も楽しみな所です。

PFFって何?

最後にちょっとした補足を。

 

さきほどのPVの冒頭を見て「PFF?」って思った人、いるかと思います。

 

PFFとは”PIA FILM FESTIVAL”の略です。

これは1977年に発足した映画祭のことで、今では「PFF」アワードのような新人発掘も目的とした企画となっています。

 

そして「PFFスカラシップ」というのは映画監督が製作から公開までを学ぶ映画製作援助のことです。

スカラシップというのは”奨学生”という意味なので、そこからもコンセプトがイメージできます。

 

そして、この「恋に至る病」という作品は監督である木村承子のスカラシップ作品という事です。

その後、木村承子監督作品はリリースされていませんが、才能あると認められた監督なので是非次回作にも期待したいです。

まとめ

  • 「恋に至る病」の我妻三輪子はぶっ飛んだ女子高生

8fai58wj0w3vwpxwi6pi

【引用:twitter.com

ちょっぴり大人な設定で描かれる究極の恋について描いた「恋に至る病」。

今ではDVDレンタルショップで見かけることができます。

ヒロイン失格安達とは一味違う我妻三輪子の顔、一度ご覧になってはいいかがでしょうか?

 

ちなみに我妻三輪子がツブラのセリフで一番好きなのが

「ほら!やっぱりなんにも変わらなかった!」ですって。

 

もう1つ我妻三輪子ネタ。

ブログでは北斗の拳のラオウのセリフをよく使っています。

 

ではでは。

スポンサーリンク



コメントを残す




*