サイレーンの橘カラ役で菜々緒が性格最悪の悪女に!真犯人の動機とは?

2015年の秋のドラマは話題作が多いですが、人気コミック原作の「サイレーン」もそのひとつです。

「サイレーン」のおもしろいところは最初から完全に犯人が分かってしまっているところ。

その犯人を演じているのがハマリ役過ぎと話題の菜々緒なんですが、さて、真犯人の殺人の動機とは何なのか?

ネタバレ覚悟の人の為に調べてみました。

サイレーンの原作コミック

最初に原作コミックについて見てみます。

原作漫画の「サイレーン」が掲載されていたのは2013~2015年のこと。

掲載雑誌は「モーニング」ですでに掲載終了しています。

単行本もすでに完結していて、全7巻になります。

 

ドラマ化で人気も出ているので「サイレーン」を置いてある漫画喫茶も多いので、気になったら一気読みも簡単にできちゃうボリュームです。

半日あればOKでしょう。

 

原作者は山崎紗也夏先生です。

山崎紗也夏先生の作品でドラマ化された作品では、2005年に平山あや主演の「はるか17」と2011年に矢田亜希子が主演した「シマシマ」があります。

主に「モーニング」や「ヤングマガジン」で執筆している先生なので、ちょっと大人向けの作品が多いです。

 

大人気漫画が原作のこちらも大ヒットしています!
エンジェルハートは原作の100tハンマーやもっこりにあのセリフも再現!

サイレーンのあらすじとキャスト

スポンサーリンク



ではドラマ版「サイレーン」のあらすじを見てみましょう。

警視庁機動捜査隊員の里見偲(松坂桃李)は、先輩で相棒の猪熊夕貴(木村文乃)と周囲には内緒で付き合っている。

ある日2人は変死体発見現場で、橘カラ(菜々緒)に出会う。

カラの猪熊に対する異様な視線に不安を覚える里見。

翌日カラは里見のアパートを調べ上げ、猪熊の行動を監視すべく向かいのマンションに住む渡公平(光石研)に接触し、部屋に転がり込む。

目的は分からないものの、カラのターゲットにされてしまった猪熊。そんな中、口の中に白いソックスが詰められた女性の変死体が発見される。刑事課の速水翔(北山宏光)からの報告を聞き、里見は上司の安藤実(船越英一郎)に「連続殺人事件では?」と進言するが相手にされない。

その夜里見は自宅で『シリアルキラー』という本を読んでいた。「シリアルキラーはしばしば被害者をストーキングする。獲物が決まったら獲物の信頼を得ようとする…」。里見が犯人像を探る中、カラが乗り込んだタクシーが闇へ消えて行く…。

また新たな遺体が発見され、被害者の携帯電話から殺害した女性達の写真が見つかる。そして遺留品には『シリアルキラー』の本が…。自分の推理が当たっていたにも関わらず、どこか腑に落ちない里見は猪熊と居酒屋で“ある香り”を嗅ぐ。「最近よく嗅ぐんだよね。いい香り…」。その言葉を聞いて静かに席を立ったのは、2人を尾行していたカラだった。

勘の良い里見に、カラは「邪魔だな…」とつぶやいてー。

出展:ドラマサイレーン公式

 

こちらがドラマ版の第1話のあらすじなのですが、おおかた原作コミックスと同じです。

 

どうやらドラマ「サイレーン」は結構原作に近いストーリーで描かれると噂されているのですが、実は最後のクライマックスについては原作と違う結末が用意されているらしいです!

 

キャストについても見ておきましょう。

「サイレーン」はこの3人を覚えておけバッチリです!

 

里見偲役:松坂桃李

21b3cb171b5cdeafa05c317e5498c9ec

【引用:laughy.jp

 

猪熊夕貴役:木村文乃

001

【引用:news.mynavi.jp

 

橘カラ&○○役:菜々緒

nanao

【引用:torefa.com

 

里見偲と猪熊夕貴が相棒でもあり恋人でもある設定ですが、松坂桃李と木村文乃は本物のカップルでもお似合いだと思ってしまいます。

実際は松坂桃李には綾瀬はるかという彼女がいるので、無い話でしょうけど。

 

この3人の他にも「サイレーン」には速水翔刑事役でKis-My-Ft2の北山宏光や、美容整形外科医の月本圭役で要潤、猪熊夕貴の父である文一役で大杉漣などが出演しています。

 

サイレーン出演の松坂桃李と要潤の共通点といえば・・・
下町ロケットのキャストは仮面ライダードライブの竹内涼真ら特撮俳優ばかり?

菜々緒の悪女っぷりに注目

1話から犯人が全開で分かってしまう「サイレーン」ですが、一応復習のためにもう一度書いておきます。

 

冒頭でも書いたように怪しさ満点の橘カラが犯人です。

 

橘カラを演じる菜々緒。

最近は悪女のトップスターですね。

auのCMの乙姫役でもそうですが、菜々緒が睨み付けるときの目力というか眼力というか・・・

あれ、すごい演技力なんですが、もう怖いぐらいの域に達しています。

 

そんな菜々緒の眼力光線は「サイレーン」の1話からしっかりと見るシーンがありそうです。

 

あらすじにもある”カラオケ店で橘カラが猪熊に対すして向ける異様な視線”は見逃せませんね。

 

ストーリーが進むにつれて橘カラは猪熊夕貴に近づくために、キャバクラ時代の同僚”高野乃花”や、その不倫相手の妻”白鳥麗子”、そして美容整形外科医の月本圭までバッタバッタと手にかけていきます。

 

でも、本当は橘カラは犯人だけど、真犯人ではないんです。

・・・ちょっと意味が分からないぞ!? どういうこと?

 

この人のキャスト、あなたは誰が理想でしたか?
エンジェルハートの槇村香はこの人が良かった!気になるネタバレとキャスト予想!

真犯人サチの動機とは?

実は本当の真犯人はサチという女性です。

このサチが登場するのは最終話か、もしくはその1話前辺りだと思われます。

 

サチ

この女は一体誰でしょう?

 

サチの正体は橘カラの友人です。

 

そして、実は橘カラという女性はすでに死んでいるのです。

 

何を隠そう、サチが高校生のときに手をかけたのが、当時サチの憧れの存在だった橘カラだったんです。

 

そして、サチは憧れの存在だった橘カラとして生きていくことになったと言うことです。

戸籍を乗っ取り、顔も整形して。

 

橘カラが過去に犯した殺人の動機については「殺した人の力を自分の中に取り入れるため」なのですが、これも橘カラになりきれないサチが少しでも自分を補おうとした結果なのかもしれません。

まとめ

  • 「サイレーン」で菜々緒が演じる橘カラは正真正銘の「怪物」

news_xlarge_dorama_siren1

【引用:natalie.mu

 

悪女をやらせたら右に出るものはいない菜々緒。

今回の橘カラは本当にはまり役です。

 

「サイレーン」で忘れちゃいけないのが、ドラマ版は原作の結末と違うと言うところです。

 

ちなみに原作コミックでは、橘カラ(サチ)は窓から飛び降りて死のうとするのですが、里見偲や猪熊夕貴らに助けられて逮捕されるというもの。

・橘カラが窓から落ちて死亡
・猪熊夕貴が橘カラに殺害される

こんなオリジナルストーリーが待っているのかも。

 

どっちも後味悪いですけど、そもそも悪女が主役のストーリーなので。

 

2015秋のドラマの一番注目作品は間違いなくこれ!!
下町ロケットは実話?あらすじと佃製作所や帝国重工のモデル企業ネタバレ

 

ではでは。

スポンサーリンク



コメントを残す




*